カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

ヘーゲンズ、誠也の「パワーと肩」を称賛!メジャーに「挑戦できる」

2018年6月20日

ヘーゲンズ、誠也の「パワーと肩」を称賛!メジャーに「挑戦できる」

地元紙で語る、大谷の打撃も称賛「スポットをミスすると、打つ選手」

元広島のブレイディン・ヘーゲンズ投手が、地元紙の特集記事の中で日本での2年間を振り返り、今季からエンゼルスに移籍した大谷翔平投手、そして元同僚の広島・鈴木誠也外野手についても語っている。

ヘーゲンズは2016年に広島に加入。50試合に登板(6先発)して7勝5敗、防御率2.92の好成績を残し、25年ぶりのリーグ制覇に大きく貢献した。だが、2017年は11試合の登板にとどまり、防御率6.60と苦戦。チームはリーグ連覇を達成したものの、貢献することはできず、シーズン後に自由契約となった。

今季はダイヤモンドバックスとマイナー契約を結び、米球界に復帰。3Aリノ・エーシズで12試合に登板(7先発)し、2勝3敗、防御率6.75とまだ波に乗れていないが、日本球界での経験を生かして4年ぶりのメジャー復帰を目指している。

ヘーゲンズが来日した2016年、広島とともに日本球界の話題の中心となっていたのが、日本ハム(当時)の大谷だった。投手として21試合登板(20先発)で10勝4敗1ホールド、防御率1.86、打者として打率.322、22本塁打、67打点という衝撃的な成績を残し、パ・リーグのMVPを獲得。ヘーゲンズが所属していた広島は日本シリーズで日本ハムに敗れ、日本一を逃した。

二刀流右腕の印象について、ヘーゲンズは記事の中で「日本に着いた時に、彼のことを聞いたよ。彼は日本のスターだから、気をつけないといけない、と言われた。彼のスイングはいつも良かった。彼にも弱点はあったが、他の良い打者と同じように、こちらがミスをすると打つ。投球が意図したように変化せず、スポットをミスすると、打つ選手なんだ」と語っている。失投は許されない好打者と見ていたようだ。

鈴木誠也は「打撃にパワーがあり、良い肩を持っている」

また、この年に同じ広島で大ブレークしたのが、大谷と同い年の鈴木だった。打率.335、29本塁打、95打点をマークし、ヘーゲンズとともにリーグ制覇に大きく貢献。鈴木が2試合連続サヨナラ弾を放った後に緒方孝市監督が口にした「神ってる」は2016年新語・流行語大賞に選ばれるなど話題性も十分で、瞬く間にチームの中心選手の一人となった。

記事では、日本には大谷のような良い選手が他にもいるが、その多くは米国でプレーしようとしないとヘーゲンズが話していたとも紹介。そんな中で、メジャーに挑戦する可能性がある選手として、鈴木の名前を挙げたという。

ヘーゲンズは「打撃にパワーがあり、良い肩を持っている。本当に良い右翼手で、アメリカで挑戦したければ、挑戦できるだけのポテンシャルがある」と称賛。同僚として、攻守両面でその能力を高く評価していたようだ。メジャー経験者も称える「パワー」と「肩」は、まさに鈴木の大きな魅力。すでにMLB球団が目をつけている可能性は高そうだ。

(※引用元 Full-Count

関連記事

野球教室で、少年が直球質問「どうして丸は巨人に行ったんですか?」

野球教室で、少年が直球質問「どうして丸は巨人に行ったんですか?」

広島・野村祐輔投手と巨人・小林誠司捕手が9日、広島県安芸郡海田町の広島国際学院で野球教室を行った。午前中は西日本豪雨に見舞われた広島県町にある平成ケ浜中央公園応急仮設団地を訪問。 午後に行われたトーク …

西川龍馬が『侍ジャパン』で、さらに成長を遂げる!来季こそ主力に

西川龍馬が『侍ジャパン』で、さらに成長を遂げる!来季こそ主力に

日本代表の経験も、来季の糧にする。西川龍馬は今季95試合に出場し、打率.275、自己最多となる5本塁打をマークした。 シーズン中盤までは安部友裕との併用が続き、西川は主に左腕相手にスタメン出場。天才的 …

FA移籍してきた選手がゼロのカープ、唯一獲得に乗り出した選手とは

FA移籍してきた選手がゼロのカープ、唯一獲得に乗り出した選手とは

今季リーグ3連覇を飾った広島の強さの源は「育成力」だ。田中広輔、菊池涼介、丸佳浩、鈴木誠也、会沢翼、大瀬良大地、野村祐輔、中崎翔太と主力たちはすべて生え抜き。 今季のメンバーを見ると他球団からの移籍組 …