カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

理由は2つある!広島からファン投票選出ゼロという「異変」のヒミツ

2024年7月3日

理由は2つある!広島からファン投票選出ゼロという「異変」のヒミツ

日本野球機構(NPB)は7月2日、「マイナビオールスターゲーム2024」のファン投票結果を発表。パ・リーグはDHを除く全9部門で日本ハムの選手が選出された。

パの選出は、日本ハムが9人、ソフトバンク2人と西武が1人だったが、1球団が9部門でトップだったのは、昨年のセ・リーグの阪神に続き2年連続だ(昨年の阪神は、外野手部門3位でノイジーも選出され、計10人が選ばれていた)。

だが、やはり第1戦(7月23日)が新本拠地のエスコンフィールドHOKKAIDOで行われることは大きい。チームはやや失速中で、貯金は1まで減ってしまったが(7月2日時点)、成績が下降する間でさえ、得票だけは伸びた印象だ。

一方のセは、阪神とDeNAから最多の3人、ヤクルトと中日から2人、巨人から1人だった。これは、あきらかに異変だ。なぜなら、現在首位の広島からの選出がゼロなのだ。これには野球記者が首をひねる。

「阪神のファン選出が減ったのは、やはり今年のチーム状態が響いていることは確実です。ところが、トップを独走しようかという勢いの広島がゼロというのは驚きです。内野手は小園海斗が遊撃手で3位に入っている以外、他のポジションにはベスト5に広島の選手がいません。外野手はベスト10の中で秋山翔吾が8位にいるだけです」

ちなみに投手は、先発でベスト10中、床田寛樹と森下暢仁が7位と8位、中継ぎで島内颯太郎が3位、抑えで栗林良吏が2位という得票数だが…。

「防御率1位の大瀬良大地は圏外、3位の森下は8位、勝利数で阪神の才木浩人に次いで2位の床田が7位と、成績に合った得票数を稼いでいる選手はいません。セーブ数で2位の栗林だけが実力相応でしょうか。どちらにせよ『どうしたカープファン?』という印象です」(前出・野球記者)

確かに、熱狂的で有名なカープファンの盛り上がりの低さは気になるところだ。ムーブメントに詳しい野球ライターは、理由は2つあると言う。

「今回の広島のオールスター得票数が表しているのは、世間の流行として盛り上がった、あの『カープ女子』ブームの死滅です。もちろん、カープ女子がいなくなったわけではありません。落ち着いたという表現が正しいでしょうか。かつてのような、東京や大阪から広島まで遠征して見に行くような熱烈女性ファンは激減しました。それともう1つ、バレンタインチョコの発送数で断トツ人気だった森下投手の結婚は大きいですね。ファンとしてはまだ応援はしているはずですが、今の〝推し活〟の時代に、彼の結婚は、女性にわかファンの熱狂を醒ますのに十分な消火剤となりました。彼を追いかけることで、他の選手を推す女性ファンが同時に増えましたからね。今はまさに、サーっとブームが引いた状態といえます。わざわざ広島を盛り上げようと、にわかファンがオールスターに投票などしていないというのが実情でしょう」

そうなると阪神や巨人に比べ、もともとのファンの母数が少ない広島は不利だろう。

「地の利」の恩恵を受けた新庄剛志監督は、どのように今回のブームを継続していくのだろうか。彼なら、何かプランがありそうだが…。(飯野さつき)

(※引用元 Asagei plus

関連記事

九里亜蓮が海外FA権取得も…「憧れの黒田博樹」には程遠い不足部分

九里亜蓮が海外FA権取得も…「憧れの黒田博樹」には程遠い不足部分

プロ野球・広島カープの九里亜蓮投手が7月5日、海外フリーエージェント(FA)権の資格取得条件を満たした。 九里はスポーツ紙の取材に対し、 「実感はあまりない。向こう(メジャー)の野球に興味はある。そこ …

石原慶幸、出場機会が減ってもチーム『貢献』は不変!/最年長の意地

石原慶幸、出場機会が減ってもチーム『貢献』は不変!/最年長の意地

生え抜き選手として長年にわたり広島を支えてきた石原慶幸は今年で41歳、19年目のシーズンを迎える。リーグ25年ぶりの優勝を飾った2016年には正捕手として106試合に出場し、扇の要を担った。この年はゴ …

カープ伝説のエース・外木場義郎が明かした「完全試合」達成の心境

カープ伝説のエース・外木場義郎が明かした「完全試合」達成の心境

平成の頃から、どこかセピア色に映っていた「昭和」。まして元号が令和になったいま、昭和は遠い過去になろうとしている。しかし、その時代のプロ野球には強烈なキャラの選手たちが大勢いて、ファンを楽しませてくれ …