カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

大瀬良が無念の緊急降板…左足つった、11勝目逃すも『軽症』でホッ

2018年6月29日

大瀬良が無念の緊急降板…左足つった、11勝目逃すも『軽症』でホッ

公式戦(6月29日、カープ4-5DeNA、横浜スタジアム)

広島・大瀬良大地投手(27)が思わぬアクシデントに見舞われた。3点リードの七回の攻撃。無死一塁から投手前へ犠打。走者をきっちり二塁へ進めたが、一塁から戻る途中に左太もも裏がつり、畝投手コーチに背負われてベンチに下がった。

6回まで1失点。球数はまだ85球だったが、緊急降板を余儀なくされた。

「まだイニングもいけたし、ああいう感じになって、チームにも多少影響があったと思います。準備は毎試合やっていて問題なかった。前々日から入念にやっていたんですが」

大瀬良は申し訳なさそうな表情でバスまで歩いた。

足をつることはこれまでにもあり、水分を大量に補給するなどの対策をしてきただけに無念さが募る。緒方監督は「不運だった」とし、畝投手コーチも「アクシデントだからしょうがない。もう1、2イニングというところ」と責めることはなかった。

救援陣が乱れ、自己最多の11勝目はお預けとなったが、投球は安定していた。失点は四回に被弾したロペスのソロだけ。ストライク先行の投球を続け「早打ちしてくれたので、初球の入りから厳しくコースを突けました」と納得顔だった。

試合後の時点で病院に行く予定はなく、次回登板に関しても問題ないもよう。先発ローテの柱を務めるだけに、次は長いイニングを投げて悔しさを晴らす。

(※引用元 デイリースポーツ

関連記事

逆転のカープ、菊池の意表を突くバスターで勝ち越し!岡田が4勝目

逆転のカープ、菊池の意表を突くバスターで勝ち越し!岡田が4勝目

公式戦(5月3日、カープ3-2巨人、マツダスタジアム) 広島が今季14度目の逆転で、2連勝を飾った。 1点を追う六回、バティスタの中前適時打で同点。八回には無死二塁から、菊池が意表を突くバスターで右前 …

緒方監督「ミスが出ている」、25年ぶり『開幕4連勝』も反省しきり

緒方監督「ミスが出ている」、25年ぶり『開幕4連勝』も反省しきり

公式戦(4月3日、カープ6-3ヤクルト、神宮球場) 広島が4試合連続の逆転勝利で93年以来の開幕4連勝とした。 1点を追う6回。1死一、二塁で西川の一、二塁間のゴロを捕球した一塁坂口が一塁ベースカバー …

緒方監督、野村の初回5失点「重くなったね、そこだけ」/一問一答

緒方監督、野村の初回5失点「重くなったね、そこだけ」/一問一答

公式戦(4月13日、カープ2-10巨人、東京ドーム) 広島が先発野村祐輔投手(28)の乱調から序盤で大量ビハインドを背負い、大敗を喫した。緒方孝市監督(49)の談話は以下の通り。 -先発野村が1回に5 …