カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

松田オーナー「皆のために」、復興への気持ちの支えに/カープの宿命

2018年7月11日

松田オーナー「皆のために」、復興への気持ちの支えに/カープの宿命

西日本を中心とした豪雨被害を受け、広島の松田元オーナー(67)が9日、球団事務所で報道陣の取材に応じた。今後さらに被害が拡大しなければ、球宴後、20日から本拠地・マツダスタジアムで巨人3連戦を行う見通しを明らかにした。

未曽有の災害に心を痛めながら、球団創設からファンとともに歩んできた歴史を踏まえ、チームが夢や希望、憧れとなることをあらためて誓った。

球団草創期、チームは原爆で受けた被害から復興を目指す人たちの光だった。一方でファンは「たる募金」で財政面を支えた。その結びつきがあってこそ今がある。それだけに松田オーナーは「原爆から復興のときもそう。気持ちの支えになっていきたい。それが球団の宿命」と言葉をつむいだ。

12球団で唯一、親会社を持たない球団は、地域との強い連携も大きな特徴だ。中止を決めたこの日からの阪神3連戦では、世羅町や廿日市市が球場でPRする予定だった。今回の豪雨災害では広島市や呉市のほか、県内外の多くの市町村でも大きな被害があっただけに心配が募る。また、球団職員には家が流されたり、帰宅できていなかったりする人もいるという。

14年8月に広島市安佐北区と安佐南区を中心に起こった土砂災害時には、球団と選手会が試合前にマツダスタジアムで義援金を呼びかけ計2000万円を関係団体や広島市に寄付した。今回も選手会との話し合いを行い募金活動についても検討していく構えだ。

「みんなのために戦っていく」。球団史上初のリーグ3連覇を目指す戦いは首位で後半戦を迎える。秋に歓喜の輪を作るため、勢いは止めない。

(※引用元 デイリースポーツ

関連記事

来季のコーチングスタッフを発表、佐々岡投手コーチが1軍に配置転換

来季のコーチングスタッフを発表、佐々岡投手コーチが1軍に配置転換

広島は8日、2019年度のコーチングスタッフを発表した。 小林幹英1軍投手コーチと佐々岡2軍投手コーチが配置転換。玉木朋孝1軍内野守備・走塁コーチと山田和利2軍内野守備・走塁コーチも入れ替わり、澤崎俊 …

「ぼくのヒーロー」発売決定!~広島カープを応援する、全ての人へ~

「ぼくのヒーロー」発売決定!~広島カープを応援する、全ての人へ~

「ぼくのヒーロー」は、広島東洋カープを愛し応援する全ての方に贈る一冊です。「ぼくのヒーロー」は、2017年夏に激しい戦いが続くカープを応援するために持ち上がった“広島東洋カープをみんなで応援しよう!” …

石井打撃コーチ、河田外野守備走塁コーチが今季限りで退団を発表

石井打撃コーチ、河田外野守備走塁コーチが今季限りで退団を発表

広島は5日、石井琢朗打撃コーチ(47)と河田雄祐外野守備走塁コーチ(49)の今季終了をもっての退団を発表した。 石井コーチは88年ドラフト外で大洋(現DeNA)に入団。06年に2000安打を達成し、0 …