カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

球宴で大瀬良が語る「エースの重み」、ベンチで見た巨人・菅野との差

2018年7月21日

球宴で大瀬良が語る「エースの重み」、ベンチで見た巨人・菅野との差

広島大瀬良大地投手(27)が14日、熊本での「マイナビオールスターゲーム2018」第2戦で球宴初登板した。今季は前半戦だけで自己タイの2桁10勝をマーク。首位を走るチームをけん引する。試合後、日刊スポーツに独占手記を寄せ、球宴初出場と巨人菅野との投げ合いで感じたエースの重みを語った。

オールスター出場は1つの夢でもあったのですごくうれしかったです。普段ベンチから楽しく野球を見ることがないので、あれだけの選手たちが目の前でプレーしているのを見るだけでも楽しかった。特に今回は「テレビの人」だった上原さん(巨人)や松坂さん(中日)もいましたから。今でも同じ舞台にいることが不思議に感じています。

登板した熊本は16年に地震があり、大学の野球部の友人も被災しています。人命に関わることはなかったそうですが、家が壊れてしまったと…。広島も今月上旬に記録的な豪雨があり、まだ完全に復旧していません。言葉は簡単に出てこないですが、僕らにできることは一生懸命野球をやることしかない。

その姿を見て何か感じてもらえれば…。そういうことができる仕事でもあるのかなと思うので、みなさんの元気になれたらうれしいです。

前半戦で10勝させてもらっていますが、前半戦最後の登板(菅野と投げ合った巨人戦)は勝ちたかったです。先に点はやれないと思ったんですが、終盤に差し掛かったところで取られてしまい…悔しかったです。ベンチから見た菅野さんの姿が強く残っています。

投球だけでなく、立ち姿、ピンチでギアを上げる姿…、マウンド上でチームを鼓舞しながら投げているようでした。力の差を感じさせられた試合でした。1球で勝敗が決まるような試合を勝てる投手が信頼され「エース」と呼ばれるんだろうなと感じました。黒田さんやマエケン(前田)さんのすごさを身をもって知りました。

登板2日後、マエケンさんに連絡したんですが「ああいう試合は大事」と言われました。簡単ではないですが、マエケンさんのようになっていかないといけないと思いました。明日16日から後半戦が始まりますが、1年目から目標とする14(勝)という数字が通過点となるように頑張っていきたいです。(広島投手)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

肩の筋力で『メジャー級』の記録!ドラフト1位・森下、細身でも凄い

肩の筋力で『メジャー級』の記録!ドラフト1位・森下、細身でも凄い

広島の新人9選手は12日、広島市内の病院で体力測定を行いドラフト1位・森下暢仁投手(22=明大)がメジャー級の高い数値を記録した。肩の筋力は大リーグ選手の平均値で、故障防止やスタミナにつながる筋肉疲労 …

鈴木誠也が打撃理論を動画で解説「子供時代にやっていた練習」も紹介

鈴木誠也が打撃理論を動画で解説「子供時代にやっていた練習」も紹介

広島東洋カープが4月18日に公式YouTubeを更新。『鈴木選手による野球教室』が公開され、鈴木誠也選手が自身の打撃理論を解説した。 鈴木選手は、昨年の国別対抗戦プレミア12で日本の4番に座り、打率. …

前から後ろから!遠藤淳志、ビデオカメラで『フォーム』を撮影・解析

前から後ろから!遠藤淳志、ビデオカメラで『フォーム』を撮影・解析

広島・遠藤淳志投手(21)が6日、マツダスタジアムのマウンドから87球を投じ、ビデオカメラで撮影した。 「映像で振り返ることができるので良い。球の上下など微妙な高さがわかるので、今度の練習で見ようと思 …