カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

球宴で大瀬良が語る「エースの重み」、ベンチで見た巨人・菅野との差

2018年7月21日

球宴で大瀬良が語る「エースの重み」、ベンチで見た巨人・菅野との差

広島大瀬良大地投手(27)が14日、熊本での「マイナビオールスターゲーム2018」第2戦で球宴初登板した。今季は前半戦だけで自己タイの2桁10勝をマーク。首位を走るチームをけん引する。試合後、日刊スポーツに独占手記を寄せ、球宴初出場と巨人菅野との投げ合いで感じたエースの重みを語った。

オールスター出場は1つの夢でもあったのですごくうれしかったです。普段ベンチから楽しく野球を見ることがないので、あれだけの選手たちが目の前でプレーしているのを見るだけでも楽しかった。特に今回は「テレビの人」だった上原さん(巨人)や松坂さん(中日)もいましたから。今でも同じ舞台にいることが不思議に感じています。

登板した熊本は16年に地震があり、大学の野球部の友人も被災しています。人命に関わることはなかったそうですが、家が壊れてしまったと…。広島も今月上旬に記録的な豪雨があり、まだ完全に復旧していません。言葉は簡単に出てこないですが、僕らにできることは一生懸命野球をやることしかない。

その姿を見て何か感じてもらえれば…。そういうことができる仕事でもあるのかなと思うので、みなさんの元気になれたらうれしいです。

前半戦で10勝させてもらっていますが、前半戦最後の登板(菅野と投げ合った巨人戦)は勝ちたかったです。先に点はやれないと思ったんですが、終盤に差し掛かったところで取られてしまい…悔しかったです。ベンチから見た菅野さんの姿が強く残っています。

投球だけでなく、立ち姿、ピンチでギアを上げる姿…、マウンド上でチームを鼓舞しながら投げているようでした。力の差を感じさせられた試合でした。1球で勝敗が決まるような試合を勝てる投手が信頼され「エース」と呼ばれるんだろうなと感じました。黒田さんやマエケン(前田)さんのすごさを身をもって知りました。

登板2日後、マエケンさんに連絡したんですが「ああいう試合は大事」と言われました。簡単ではないですが、マエケンさんのようになっていかないといけないと思いました。明日16日から後半戦が始まりますが、1年目から目標とする14(勝)という数字が通過点となるように頑張っていきたいです。(広島投手)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

野村、カープ化した燕打線警戒…理由は「○○○が一緒」/10日先発

野村、カープ化した燕打線警戒…理由は「○○○が一緒」/10日先発

広島の一部投手陣が8日、マツダスタジアムで調整。10日のヤクルト戦(マツダ)で先発予定の野村祐輔投手(29)は“カープ化”した燕打線を警戒した。 自身の今季初登板だった3日の中日戦(ナゴヤD)で7回1 …

丸佳浩が、交流戦復帰に照準!初の負傷離脱も『不幸中の幸い』

丸佳浩が、交流戦復帰に照準!初の負傷離脱も『不幸中の幸い』

右大腿裏(ハムストリング)の筋挫傷で離脱した広島・丸佳浩外野手(29)が、5月下旬に始まる交流戦で復帰を目指していることが2日、分かった。4月28日の阪神戦(マツダ)で負傷交代し、現在は治療とトレーニ …

【菊池涼介ってこういう男(上)】キクが起こした優勝決定の夜の奇跡

【菊池涼介ってこういう男(上)】キクが起こした優勝決定の夜の奇跡

親友3人覆面座談会(上) 二塁手として6年連続6回目のゴールデングラブ賞に輝き、広島のセ・リーグ3連覇の原動力となった菊池涼介内野手(28)。丸佳浩外野手の巨人移籍で、来季は主軸としてさらに重い役割を …