カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

プロ野球界に転職?野球データ会社のセミナー参加者に聞いた夢と興味

2018年7月30日

プロ野球界に転職?野球データ会社のセミナー参加者に聞いた夢と興味

もし、プロ野球界に転職できるとしたらあなたは応募したい?最前線で何が起きているか、詳しく知りたい?いま、ビジネス最前線で活躍する人や学生たちが、野球データ分析会社が主催するセミナーに、ある人は堂々と、またある人は会社に秘密でこっそりと参加している。いったい、どんな人がどんな目的で来ているのか。都内で行われているセミナーの様子を取材した。

出席者は球界へ転職に憧れる男性、銀行員、仕事に生かしたい研究者や学生などさまざまな顔ぶれだ。女性の参加者もいる。約70人の参加者に共通するのは真剣なまなざしだ。主催しているのはDELTA社。球団へのデータ提供やアドバイスなども行っている同社が、1~2週間に1回程度の間隔で5月から「リーダーズ・オブ・ベースボール・オペレーションズ」と題して開催している。

取材した7月21日は楽天の元チーム戦略室長の上田顕氏(33)が講演した。上田氏はチーム編成に大きく携わり、トラックマンも日本で最初に導入した経験を持っている。現在は球界とは全く違う分野に転職。高級ポップコーンを製造・販売する日本ポップコーン株式会社で代表取締役として活躍している。

DELTA社で戦略アドバイザーも務める上田氏によると「勝てない組織を勝てるように変える。野球と企業経営など業種が変わっても、それほどやることは変わらない」と感じているという。

例えば「ポジション別の得失点貢献は、どの部門がもうかっているかに置き換えられる」といった感じだ。上田氏が語る経営と編成の関連性の話などに、参加者たちはペンを走らせた。

プロ野球界への転職に憧れている30代の男性会社員は、自分で好きな球団のデータをこつこつ集めているという。セミナーには会社に秘密で参加している。「球界に入りたいと思っても、具体的な道筋が見えなかった。見つけるためのきっかけになればと思って参加した」と明かしてくれた。

いまプロ野球界では統計に基づいたデータ分析を行う「アナリスト」を求めてはじめている。昨年はDeNAが分析官を公募して、一部で話題となった。企業では「アナリスト」争奪戦が激しさを増しているが、球界も例外ではない。

他のスポーツでチーム運営に携わっている男性の姿もあった。自らの知識向上のため参加したという。「プロ野球はやはり進んでいる。組織運営の話がおもしろい。選手評価の仕方などが最も興味深く、勉強になった」といい、講演後も積極的に情報収集していた。

中長期を見据えながら、チーム全体を見渡す「ベースボール・オペレーション」を担える人材も非常に重要。今セミナーでは球界で編成に携わる人たちが、これまでの複数回講演を行ってきた。

また野球が好きだという20代の医学研究者は、新幹線でかけつけた。「データ分析は一度やると応用ができる。スポーツではどのようにしているのか、興味があった」と参加理由を説明した。

普段は事務をしている20代女性は、野球を見始めたのが数年前からだという。“カープ女子”などと違い、なぜデータにのめり込んだのか。「地方に住んでいるので、現地で応援できる機会がほとんどない」ということに加え「データを見るのが好き」といい、他では聞けずネットにも載っていない話に耳を傾けていた。

鹿児島にある鹿屋体育大からは野球部の学生コーチが参加していた。同大学には「スポーツパフォーマンス研究センター」があり、トラックマンをはじめとした最新機器を設置されている。各種スポーツのデータ解析をチームに還元されるほか、研究に用いられている。参加した学生は「将来は高校教員になって、データを使った分かりやすい野球指導をしていきたい」と夢を語っていた。セミナー終了後の懇親会では、お互いの夢を語る姿があちこちで見られた。

今セミナーは、今後も現場で分析や、MLBの通訳として編成現場を見てきた人たちが講演していく。球界への就職・転職の可能性を探りたい人やコネクションを作りたい人には、楽しみな内容が続く。他人とは違うプロ野球の楽しみ方をしたい人も、目からうろこが落ちるはずだ。

これまでファンには見えにくかったフロントの仕事が可視化される一連のセミナーは、とてもいい取り組みだ。引退後、社会経験を積んだ後に球団に戻って仕事をしたい元選手にとっても、「セカンドキャリア」を考える上で魅力的な内容だった。(田中孝憲・@CFgmb)

◆今後の予定

▼8月4日(土)午後6時

新川諒氏(MLB球団コンサルタント・フリーランス通訳・ライター・元MLB球団通訳)

▼8月13日(月)午後6時30分

神原謙悟氏(楽天アナリスト)

▼8月25日(土)午後5時30分

森本美行氏(株式会社IBLJ<四国アイランドリーグPlus>取締役会長)

▼9月10日(月)

関本塁氏(ソフトバンク球団統括本部チーム戦略室データ分析担当ディレクター)

▼9月22日(土)

岡田友輔氏(株式会社DELTA代表取締役)

詳しい内容などは「https://peatix.com/group/74644/view」で。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

カープの3投手「2段モーション」は歓迎!「申告敬遠」には賛否あり

カープの3投手「2段モーション」は歓迎!「申告敬遠」には賛否あり

1月11日に行われたプロ、アマ合同の日本野球規則委員会で、公認野球規則(ルールブック)が改定された。 投球動作の「2段モーション」を反則投球とする日本独自の項目が削除され、また、投球せずに敬遠四球にす …

同学年の鈴木誠也、エンゼルス『大谷』の活躍に感嘆「雲の上の存在」

同学年の鈴木誠也、エンゼルス『大谷』の活躍に感嘆「雲の上の存在」

◇ア・リーグ エンゼルス7―4アスレチックス(2018年4月1日 オークランド) 広島・鈴木は同じ23歳のエンゼルス・大谷の活躍に「むちゃくちゃ凄い。刺激をもらうというより、雲の上の存在。やっていると …

出場選手の登録・抹消、外国人枠…日本シリーズの『ルール』について

出場選手の登録・抹消、外国人枠…日本シリーズの『ルール』について

出場選手登録について、日本シリーズ独特のルールを知らなかったので、まとめてみました。 ① 日本シリーズが始まる前に『40人』の選手名簿を提出。 ② そこから、毎試合ベンチに入る選手(外国人は4人を上限 …