カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

権藤博氏が指摘、ZOZOで話題「球団拡張問題」に先立つ不安…

2018年8月2日

権藤博氏が指摘、ZOZOで話題「球団拡張問題」に先立つ不安…

アパレル通販サイトで財を成す新進気鋭の経営者が表明した、プロ野球への参入希望が話題になっている。現時点では彼の希望が、既存球団の買収なのか、新規球団の立ち上げなのか、判然としていないが、後者であれば、その先には「エクスパンション」がある。つまり、球団拡張だ。

■新たに280人のプロ野球選手

現在の12球団制を14球団、あるいは、16球団制にする。以前からそういう案が球界ではくすぶっていて、「セ・パそれぞれ7球団の14球団では日程編成などいろいろな問題が生じるから、2球団ずつを増やして16球団がベスト」とこれに賛同する球界OBも少なくない。四国に1球団、沖縄に1球団……と夢想してみれば、確かに面白いとは思う。

球団を招致する自治体にすれば地域振興の起爆剤になるだろうし、球界からすれば、雇用の拡大になるわけだから選手は大歓迎、プロ野球の活性化にもつながる、という意見は理解できる。

ただ……と思う。

プロ野球の本分は、ファンに最上のプレー、試合を見せることだ。14球団や16球団に拡張して、選手の質やプレー、試合を担保できるのか。現在の1球団の支配下選手枠は最大70人である(育成選手を除く)。4球団を増やすとすると、単純計算で280人の「プロ野球選手」が新たに必要となる。プロの水準を満たす選手がこの日本に280人も埋もれているのか。

例えば、米メジャーでは球団拡張に伴う「エクスパンションドラフト」が行われる。直近ではダイヤモンドバックスとデビルレイズ(現レイズ)が加入した1997年に分配ドラフトが行われ、既存28球団から新加入球団が計63選手を獲得した。そうやって既存球団が全面的に協力するなら話は別だが、日本ではどうだろう。

2004年に近鉄とオリックスが合併し、楽天が新規参入した際には、当該球団であるオリックスと楽天の2球団だけで分配ドラフトをやった。その結果、楽天の1年目は38勝97敗1分けという壊滅的な成績。メジャーのように、既存球団が足並みを揃えて新球団を支えようという構図に、残念ながら日本はならないような気がしてしまうのだ。

そうでなくても、トップクラスの選手が次から次にメジャーを目指す時代だ。一線級が海を渡る流れは今後も止められない。そういう時代に球団拡張となると、プロ野球の質、レベルに対する不安が先に立ってしまう。(権藤博/野球評論家)

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

カープは3連覇&日本一へ団結、10ゲーム差の「苦しい年」を越えて

カープは3連覇&日本一へ団結、10ゲーム差の「苦しい年」を越えて

「広島は強かった」――。 2017 年のセ・リーグペナントレースを振り返るとき、多くの人がそう答えるだろう。確かに、2位阪神に10ゲーム差をつけての連覇は“圧勝”と言える。ただ、チーム内に「圧勝」と感 …

2017年と比較すれば非常事態…最大の鬼門は「魔の7回」だった?

2017年と比較すれば非常事態…最大の鬼門は「魔の7回」だった?

2位に5.5ゲーム差で首位を走る広島だが、打線はともかく投手陣に前年までの安定感はない。 6月25日現在、チーム防御率でも前年の3.39に対し、今季はリーグ4位の4.21(前年は3位)。先発、リリーフ …

球団が絶大な信頼寄せる2人、カープを支える『助っ人』駐米スカウト

球団が絶大な信頼寄せる2人、カープを支える『助っ人』駐米スカウト

ぶっちぎりの強さで球団史上初のリーグ3連覇を飾った広島カープ。阪神をはじめとする他球団を寄せ付けなかった強さの秘密はどこにあるのか。デイリースポーツの広島取材班が3連覇を飾った裏側に迫る。 リーグ3連 …