カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

カープの若き主砲・鈴木誠也、打撃以前に驚いた『丸刈り』の理由とは

2018年8月3日

カープの若き主砲・鈴木誠也、打撃以前に驚いた『丸刈り』の訳とは?

明らかにスーパースターへの道を歩いているな-。7月24日から阪神-広島3連戦(甲子園)で、これまでの思いをさらに強くしました。

広島の若き4番打者・鈴木誠也外野手の話です。

24日の第1戦、2点リードの6回でした。マウンドには阪神期待の本格派右腕・望月惇志がいました。現在はブルペン要員ですがストレートに力がある望月には、金本知憲監督も大きな期待を寄せています。この時点で広島が2-0の展開でしたが、まだ勝敗の行方は分からない。

そんな中での期待のマウンドでした。しかし鈴木が、その願いを砕きます。

150キロストレートを豪快に左中間スタンドにたたき込みました。本塁打は過去に数多く見ましたが、安打を打つようなスイングで、そのままスタンドインさせるキレのよさというか、豪快さというか、本当に目を見張る1発でした。

望月にとってはこれがプロ初被弾でした。将来、望月が阪神の主軸に育ったとして、その男から最初に本塁打を放ったのは広島の鈴木ということになります。1点以上に大きな意味を持つ本塁打とも言えます。

鈴木は1カ月前の6月24日、同じ甲子園での阪神戦で抑えのドリスから満塁本塁打を、やはり左中間席に放っていました。日本人、右打者では本当にもっとも光り輝いている存在でしょう。

しかもチームが連覇し、さらに3連覇も濃厚な現状で出てきた若き主砲という存在。これがスターです。

打撃以前に驚かされたのがヘアスタイルの理由でした。7月20日からの巨人3連戦前に丸刈りにしています。新聞などで知っていましたが、目の当たりにすると、本当に見事な刈りっぷりです。

「実はなんか悪いことをしたのか?」。もちろん冗談ですが、そんな感じで声をかけると苦笑しながら鈴木はこんな話をしたのです。

「いや~。ボク(頭髪が)なかなか乾かないんですよ。頭を洗うと結構、長くドライヤーをかけないといけないんですね。それで、こないだもドライヤーしてたんですが、なんかめんどくさいな~と思って。それに、こんなことで時間使ってる場合じゃないよな、何してんだ、オレ、とかと思えてきて。だから…」

おしゃれに気を使いたい盛りの23歳としては、にわかには信じ難い理由ですが、そこがやはりこの男だな、と思ったのです。頭の中を占めているのは、まず野球で結果を出すこと。若いながら4番の責任もしっかり感じているということです。

緒方監督とも鈴木の話をしました。「アイツを育てようとかと思って4番を打たせているのではない。ダメなら代えますよ。だからこそ、ものすごい苦しい思いをして、アイツはやっていると思います」。厳しさと期待と愛情と。ここが広島の強さでしょう。

5球団が3連覇を止めるのは、本当に、至難の業だと思ってしまいます。(文・高原寿夫)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

赤ヘル伝説のエース・外木場が語る…現代野球について投手の理想とは

赤ヘル伝説のエース・外木場が語る…現代野球について投手の理想とは

3度のノーヒットノーランを達成した男、元広島・外木場義郎氏(74)=野球解説者=が現代の先発投手についてもの申した。 「私の時代は先発投手は責任を持って最後まで投げ切るのが当たり前だった。今は分業化が …

石原慶幸、出場機会が減ってもチーム『貢献』は不変!/最年長の意地

石原慶幸、出場機会が減ってもチーム『貢献』は不変!/最年長の意地

生え抜き選手として長年にわたり広島を支えてきた石原慶幸は今年で41歳、19年目のシーズンを迎える。リーグ25年ぶりの優勝を飾った2016年には正捕手として106試合に出場し、扇の要を担った。この年はゴ …

誠也「残してもらったもの伝えたい」/【新井氏&鈴木誠也・対談③】

誠也「残してもらったもの伝えたい」/【新井氏&鈴木誠也・対談③】

――きちんと分析できるのが素晴らしい。 新井 「だから、誠也はスゴいんですって。漢字は苦手だけど、野球の頭は偉い」(笑い) 誠也 (笑い) 新井 「ボク、打撃練習とかいろいろ見ているんですよ。打てなく …