カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

CS導入から12年目…改めて、ペナントレースの『価値』を問いたい

2018年8月11日

CS導入から12年目…改めて、ペナントレースの『価値』を問いたい

広島が異常な戦いを続けている。普通、リードしていた試合をひっくり返されると、チームのムードは悪くなる。勝ち試合の終盤に投手が打たれようものなら、野手からはあからさまな不満がにじみ出る。

投手はどんどん萎縮するようになってまた打たれ、野手はいよいよ不信感を募らせるという悪循環。こうしてチーム全体が深みにはまっていくのだが、広島にはそんな野球界の通例がまるで当てはまらない。

抑えの中崎はリーグトップの26セーブを挙げながら、防御率は2.66。3人でピシャリという試合は少なく、被本塁打も4と絶対的な存在というには物足りない。

開幕から勝ちパターンのリリーフ陣を固定できず、今もやりくりに四苦八苦という状態が続いているにもかかわらず、貯金21でセの首位を独走しているのだ。投手が打たれ、リリーフ陣が試合をひっくり返されても、ここの打線はビクともしない。

今季の58勝のうち、逆転勝利が実に28試合。再逆転、再々逆転という試合もあって、打線に異常と言っていいくらいの粘り腰があるのだ。

広島は連覇を果たした昨年も、リリーフ陣は決して万全ではなかった。野手陣からすれば、終盤の失点は織り込み済み。ハナから打って勝つしかないと思っているから、ジタバタしないし慌てない。そんな心持ちが恐ろしいほどの迫力を生んでいるのだと思う。

現代野球は七、八、九回が勝負。この3イニングを抑えられるリリーフ投手を擁するチームが覇権を握る――私の持論を覆す広島の3連覇はまず間違いない。打線の力でどれだけ2位以下を引き離すのか。興味深く見ている一方、どうしても釈然としないのは、やはりクライマックスシリーズ(CS)の存在だ。

2位の巨人を含めて、広島以外のチームはすべて借金生活。それでも、CSを勝ち抜けば、日本シリーズ制覇の可能性が残る。何度も指摘していることだが、果たしてこれで本当にいいのか。

昨年も広島は2位の阪神に10ゲームの大差をつけて優勝しながら、CSで3位のDeNAに足をすくわれ、日本シリーズに進出できなかった。2年連続でそんなことになれば、いよいよペナントレースの価値が軽くなってしまう。

本来、143試合の長丁場を制することに最も大きな価値があるはずなのに、たった6試合のCSでそれが無になるような制度を今後も続けるのか。CSが導入されて今年で12年目。やるのが当たり前のようになった今、改めて問いたい。(権藤博/野球評論家)

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

誠也「残してもらったもの伝えたい」/【新井氏&鈴木誠也・対談③】

誠也「残してもらったもの伝えたい」/【新井氏&鈴木誠也・対談③】

――きちんと分析できるのが素晴らしい。 新井 「だから、誠也はスゴいんですって。漢字は苦手だけど、野球の頭は偉い」(笑い) 誠也 (笑い) 新井 「ボク、打撃練習とかいろいろ見ているんですよ。打てなく …

衣笠祥雄さんが、『指導者』としてユニホームを着なかった理由は…

衣笠祥雄さんが、『指導者』としてユニホームを着なかった理由は…

2018年も残すところあとわずか。今年も多くの方々が、その生涯に終止符を打ちました。元広島内野手・衣笠祥雄さんは4月23日、上行結腸がんで亡くなりました。享年71歳。スポーツ報知では、知られざるエピソ …

NPBには3組…減りつつある兄弟選手、期待がかかる田中広輔&俊太

NPBには3組…減りつつある兄弟選手、期待がかかる田中広輔&俊太

昨季は6組の兄弟選手がいたが、今季は激減 7月6日の巨人対広島戦(東京ドーム)で、巨人の田中俊太内野手は「2番・二塁」で先発出場し、3打数無安打に終わった。その4歳上の兄で広島の田中広輔は「1番・遊撃 …