カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

育成選手から『カープ救世主』へ、快速サウスポー・フランスアの素顔

2018年8月16日

育成選手から『カープ救世主』へ、快速サウスポー・フランスアの素顔

──フランスア選手は子どものころからピッチャーだったんですか?

「違います。外野を守る野手で、ホームランバッターでした。本格的にピッチャーになったのは、14歳か15歳ぐらいのときだったと思います」

──日本で一番苦労したことは?

「食事です。食べ物ではなく、味の加減に困りました。ドミニカでは料理に塩や砂糖をたくさん入れます。でも、ニッポンは薄い味。戸惑いました」

──そんななかで、よく食べるのは?

「大好きなのはタコライスです。パワーの源になります!」

──はじめて覚えた日本語はなんですか?

「基本のあいさつ、『おはようございます』ですね」

──カープのOBでもある久本祐一さん(現・中日ドラゴンズ打撃投手)は、4年前に来日したばかりのときと比べて「顔つきが違う。ずいぶん大人になりました」と言っていました。

「久本さん、お久しぶりです。正解です(笑)」

──育成時代、とくにお世話になった人はいますか?

「一番は菊地原(毅)3軍コーチ。同じサウスポーでたくさんアドバイス受けました。あと、沢さん、沢崎(俊和)2軍コーチにもやさしくしてもらいました。感謝です」

──チームメイトで食事に行くメンバーは?

「(同じ投手の)中田簾さん、加藤拓也は、よく連れていってくれました」

──2軍から1軍に上がって差を感じましたか?

「レベルが全然違います。1軍はすごいです」

──今まで対戦してきた打者のなかで、脅威を感じた選手はいますか?

「巨人の坂本(勇人)選手です。ストライクは、どの球も対応します。だけど、ボール球はまったく振ってくれない。とても困りました」

──キャッチャーの磯村嘉孝(いそむら・よしたか)選手は、「ストレートは、球質、重さ、コントロール、すべてがいいですね」と評価していました。

「(ストレートに)自信があるだけにうれしいです。イソさんには、育成時代からお世話になっているんです」

──ブルペンキャッチャーも務めているクレートさんから見た、フランスア投手のセールスポイントは?

クレート通訳「やっぱり、ストレートが一級品です!」

──熱狂的なカープファンは、フランスア選手から見てどうですか?

「マウンドに行くときの声援、三振を取ったときの声援、カープファンはすごいですね!」

──これからの夢を教えてください。

「今年だけでなく、長く活躍したい。そして、カープのエースになりたいです」

(※引用元 web Sportiva

関連記事

球団もピリピリ!丸佳浩の思いは「カープ残留」か「巨人移籍」か…?

球団もピリピリ!丸佳浩の思いは「カープ残留」か「巨人移籍」か…?

「球団は、かなりピリピリしていますね。丸の件に関して話すのはタブーになってます」 スポーツ紙デスクが声をひそめるのは、8月半ばに国内FA権を取得した広島カープの丸佳浩外野手(29)が来季、どう動くのか …

森下暢仁、開幕投手へ三つ巴バトルを『歓迎』!キャンプ地、沖縄入り

森下暢仁、開幕投手へ三つ巴バトルを『歓迎』!キャンプ地、沖縄入り

広島は、2月1日からの春季キャンプを前に1軍は沖縄市、2軍は宮崎・日南市に入った。 昨年のキャンプ前日は、明言こそしなかったものの、佐々岡監督が大瀬良に開幕投手を任せる主旨の発言をした。今季の大役候補 …

鈴木誠也が考える『向上の要素』、自主トレで取り組む『10』の項目

鈴木誠也が考える『向上の要素』、自主トレで取り組む『10』の項目

広島東洋カープの鈴木誠也選手。今シーズンは所属球団での活躍やタイトル獲得はもちろん、東京五輪を戦う野球日本代表で主軸打者の期待もかかる。 勝負の年となる2020年に向け、オフから10項目の向上要素を挙 …