カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

先輩もバッサリ…、鈴木誠也・大谷翔平の徹底した『取捨選択能力』!

2018年8月20日

先輩もバッサリ…、鈴木誠也・大谷翔平の徹底した『取捨選択能力』!

例えばエンゼルスの大谷翔平(24)は日本ハム時代、首脳陣からのアドバイスに「わかりました。ありがとうございます」と爽やかな笑顔を浮かべてうなずくものの、実際には右から左に聞き流すということが多かった。なんでもかんでも受け入れず、取捨選択してバッサリと切り捨てることが少なくなかった。

その大谷と同学年の広島の4番、鈴木誠也(24)にも同じようなところがある。

開幕直後に下半身の張りで離脱、後半戦も自打球の影響で欠場した時期がありながら、打率はリーグ3位の・332。22本塁打、69打点でセの首位を独走するチームを牽引している。

2016年にレギュラーになって以降、ケガを除けば大きなスランプがないのは、大谷と同様の「取捨選択能力」によるところが大きい。

広島が25年ぶりのリーグ優勝を果たした一昨年に2試合連続サヨナラ本塁打を放ち、緒方監督から「神ってる」とたたえられた言葉は流行語大賞にもなった。一躍、全国区となった「若き主砲」の周りには、有象無象が集まるようになった。ああしたほうがいい、こうしたほうがもっと伸びるとそれまで以上にいろいろな助言が耳に入るようになったが、鈴木本人がこう言うのである。

「結果を出している、出していないにかかわらず、『この人との付き合いは自分のためにはならないな』と感じた人とは食事にも行かないし、一切付き合いません。先輩、後輩関係なく、バッサリと切ります。高校時代の先輩も同じ。プロで少し活躍した途端に連絡してくる先輩もいるけど、気にしません(笑い)」

その一方で、こんなことがあった。

かつて鈴木はガムを噛みながら打席に立っていたが、2年前、同僚だったレジェンド黒田博樹氏に「調子に乗ってると思われて当てられるぞ。イチローさんや松井(秀喜)が食っているか?自分に損なことはするな」と言われ、グラウンドでのガムを封印した。

有益だと思えば素直に聞き、無益と判断すれば無視をする。これも一流の条件だ。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

松坂世代・永川が『2年ぶり』に1軍合流!同学年の中日・松坂に刺激

松坂世代・永川が『2年ぶり』に1軍合流!同学年の中日・松坂に刺激

広島の松坂世代が1軍昇格。広島永川勝浩投手(37)が3日、1軍に合流した。16年5月26日以来の1軍昇格となる。 永川は昨年、5年ぶり1軍登板なしに終わり、9月には左膝のクリーニング手術を受けた。復活 …

鈴木誠也のナイスプレーにネットほっこり「株がまた上がってしまった」

鈴木誠也のナイスプレーにネットほっこり「株がまた上がってしまった」

神宮球場で行われたヤクルト―広島戦で広島の4番・鈴木誠也外野手(24)の取ったとっさの行動に“ほっこり”する野球ファンが続出した。 鈴木は0―1で迎えた7回、先頭打者として打席へ。ブキャナンの投じた初 …

今村が通算『100ホールド』を達成、プロ野球史上27人目!

今村が通算『100ホールド』を達成、プロ野球史上27人目!

「ヤクルト-広島」(5日、神宮球場) 広島・今村猛投手がプロ野球史上27人目となる通算100ホールドを達成した。 2点リードの七回に登板。先頭の奥村を空振り三振に取ると、広岡を左飛、中村を三ゴロに抑え …