カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

會澤、球団捕手『史上最多タイ』12号!シーズン2度の2桁は球団初

2018年8月24日

會澤、球団捕手『史上最多タイ』12号!シーズン2度の2桁は球団初

公式戦(8月24日、カープ3-5中日、マツダスタジアム)

広島は序盤の劣勢をはね返すことができなかった。敗戦の中、会沢翼捕手(30)が12号ソロ。1-4の四回、笠原から左翼ポール際へ運んだ。球団捕手では1953年の門前真佐人に並ぶシーズン最多タイの本塁打数だ。優勝マジックはヤクルトと阪神が負けたため1つ減って「23」となった。

打球は高々と左翼方向へ舞い上がった。好感触を手に残しながら、会沢はその行方を見つめた。「切れるかなと思ったんですけど、よく入ってくれましたね」。前日の逆転サヨナラ勝利から一夜明けたこの日は惜敗を喫したが、次戦へとつなげる選手会長のアーチだった。

1-4の四回先頭。カウント2-1から笠原の内角139キロ直球を振り抜いた。風も味方し、左翼ポール際への12号ソロ。球団捕手では1953年の門前真佐人に並ぶシーズン最多タイの本塁打数だ。「チームが負けてしまったので言いようがない」と記録については多くを語らなかったが「うまく回転して打てたのかなと思います」。22日・ヤクルト戦で自身最多本塁打を更新したが、球団史にも名前を刻んだ。

「打てる捕手」としてチームを支えている。規定打席には未到達ながら、打率・322と申し分ない数字を残す。2点を追う六回無死一塁の場面では、得点にはつながらなかったが左前打でチャンスメーク。配球や試合の流れなどを読み、捕手として培う経験も生かしながら打席に立つことで、バットでも好結果を示し続けている。

「昨日のようなこともありますし。(守備は)1点でも少なく、打つ方は1点でも多くと、徹底している」と話すように、チーム一丸となって最後まで食らいついた。ビハインドの展開が続く中、3点を追う八回には松山のソロ。3-5の九回も2死二塁まで試合を進めた。緒方監督も「ヒットがたくさん出ている。いい攻撃ができている」と打線の粘り強さを評価した。

チームは敗北を喫したが、対象チームが負けたことにより優勝マジックは1つ減って「23」となった。「反省するところはしっかり反省して、また明日試合があるのでね」。会沢は次戦へ向けて前を向き、思いを口にした。一歩一歩、着実にVへのカウントダウンを進める中、チームをまとめる選手会長が攻守で輝きを放ち続ける。

広島は中日に敗れたが、対象チームの阪神とヤクルトも共に敗れたため、マジックは1つ減り「23」に。24日も対象チームが2チームということもあり、結果次第で「21」~「23」となる。

(※引用元 デイリースポーツ

関連記事

延長十一回サヨナラ負け…九里が好投も、リリーフ陣がピリッとせず

延長十一回サヨナラ負け…九里が好投も、リリーフ陣はピリッとせず

公式戦(5月6日、カープ3-4ヤクルト、神宮球場) ヤクルトは3-3の延長十一回に坂口智隆外野手(33)が右翼線に適時二塁打を放ち、サヨナラ勝ちした。 大型連休最終日。先制したのは広島だった。四回、無 …

わずか5球で、6失点…カープ悪夢のM消滅、3者連続被弾で逆転負け

わずか5球で、6失点…カープ悪夢のM消滅、3者連続被弾で逆転負け

公式戦(8月17日、カープ5-7DeNA、横浜スタジアム) 広島が3点リードの8回に3者連続本塁打を浴びて逆転負けした。2位・ヤクルトが阪神に勝ったため、ヤクルトの自力優勝の可能性が復活。 広島の優勝 …

今季初の7連勝!菊池が延長十二回2死からサヨナラ打「一戦必勝で」

今季初の7連勝!菊池が延長十二回2死からサヨナラ打「一戦必勝で」

公式戦(9月4日、カープ5-4阪神、マツダスタジアム) 広島が延長十二回、サヨナラ勝ちで今季初の7連勝。菊池が2死三塁から右前へはじき返した。 この回からマウンドに上がった阪神・ドリスから代打・小窪が …