カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

CS必要?カープが2位に10ゲーム以上で独走「ペナント軽視」の声

2018年9月3日

CS必要?カープが2位に10ゲーム以上で独走「ペナント軽視」の声

広島が圧倒的な強さで首位を独走している。きょう1日の2位・ヤクルト戦(神宮)も8ー3で快勝して5連勝。優勝マジックを15に減らした。最短で今月11日にリーグ3連覇が決まる。

2位のヤクルトに13ゲーム差とぶっちぎりの独走。ここで再燃しているのが「CS不要論」だ。

「広島は2位に10ゲーム以上の差をつけて独走している。無条件で日本シリーズに出場するべき」、「興行としては盛り上がるかもしれないがペナントレースを軽視している。これで広島が昨季みたいにCSで敗退したら他球団のファンも複雑だと思う」とネット上で指摘する書き込みが少なくない。

独走VもCSの短期決戦は何が起きるかわからない。広島ファンの脳裏によぎるのが昨年の悪夢だ。

2位・阪神に10ゲーム差、3位・DeNAに14.5ゲーム差をつけてリーグ優勝を飾ったが、1勝のアドバンテージがあったCSファイナルステージでDeNAと戦って先勝した後にまさかの4連敗。「14.5ゲーム差」から過去にない下剋上を許して日本シリーズ進出を逃した。

今年も短期決戦で同様の下剋上が起きる可能性がないとは言えない。

短期決戦は投手力が鍵になる。広島はリーグ3位のチーム防御率4.11。大瀬良が14勝5敗、防御率2.32、ジョンソンが10勝2敗、防御率2.98と安定しているが、野村は6勝3敗、防御率4.38、岡田は7勝5敗、防御率4.54と先発陣の3番手以降が心許ない。

「2位に10ゲーム差以上をつけた場合は優勝チームのアドバンテージを2勝にするべき」などシステムの見直しを求める声もある。

一方で、「リーグ戦とCSは別物。短期決戦に勝ってこそ日本シリーズに出場するチームにふさわしい」、「CSで勝てないのは実力がないから」と現行のルールで続けるべきという意見も当然ある。

リーグ3連覇をほぼ手中にしている広島の「短期決戦」での戦いぶりも要注目だ。[文/構成:ココカラネクスト編集部]

(※引用元 CoCoKARA

関連記事

カープ応援団の『起源』は、広島電鉄の運転士たち4人だった!

カープ応援団の『起源』は、広島電鉄の運転士たち4人だった!

長いプロ野球の歴史の中で、数えきれない伝説が紡がれた。その一つひとつが、野球という国民的スポーツの面白さを倍増させたのは間違いない。野球ファンを“仰天”させた伝説。その数々を紹介していこう。 集まった …

球界を代表する『二番』と言えば、菊池涼介!/二番打者の矜持とは…

球界を代表する『二番』と言えば、菊池涼介!/二番打者の矜持とは…

球界を代表する二番と言えば、菊池涼介を置いてほかにはいない。昨年のWBCでは侍ジャパンの一員として全7試合に二番で出場し、広島に戻っても136試合に二番でスタメン。4年連続で100試合以上を務めている …

カープを支えるクレート通訳『先生デビュー』、動画でスペイン語解説

カープを支えるクレート通訳『先生デビュー』、動画でスペイン語解説

広島のヘンディ・クレート通訳兼ブルペン捕手(34)が“先生デビュー”だ。2月からカープファン倶楽部会員限定のサイト内にある動画「クレート通訳の最高のスペイン語の使い方」に登場。スペイン語を解説している …