カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

中日・森監督、新井の引退に「あいつがいたから、広島はこうなった」

2018年9月7日

中日・森監督、新井の引退に「あいつがいたから、広島はこうなった」

広島・新井の引退発表に、中日関係者からも驚きとともに、その長年の活躍を評価する声が続々上がった。

駒大の先輩でもある森監督は「あいつがいたから、広島はこう(強く)なった」としみじみ。「優れているところ?駒沢大学ということだな」とジョークを交えながらたたえた。

北京五輪でチームメートだった岩瀬は「2005年日本記録の)46セーブ目の最後の打者が新井だった。人柄は、あのまんまのいいやつです。(引退は)自分が決めること。お疲れ様でした」と、振り返った。

同じく、北京五輪でチームメートだった荒木も「敵のチームだけと、あの人を見習って自分も練習してきた」と、明かした。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

鈴木誠也が打撃理論を動画で解説「子供時代にやっていた練習」も紹介

鈴木誠也が打撃理論を動画で解説「子供時代にやっていた練習」も紹介

広島東洋カープが4月18日に公式YouTubeを更新。『鈴木選手による野球教室』が公開され、鈴木誠也選手が自身の打撃理論を解説した。 鈴木選手は、昨年の国別対抗戦プレミア12で日本の4番に座り、打率. …

ダブルの「初」!塹江がプロ初勝利、菊池保則は13年目の初セーブ

ダブルの「初」!塹江がプロ初勝利、菊池保則は13年目の初セーブ

ダブルの「初」が生まれた。 まず6年目の塹江。1点ビハインドの8回に登板。1番からの相手攻撃を打者3人でピシャリと抑え、その裏の堂林の逆転グランドスラムを呼び込んだ。そしてうれしいプロ初勝利を手にした …

大瀬良、1カ月ぶり本拠マウンドで投球「感覚と動きが一致してきた」

大瀬良、1カ月ぶり本拠マウンドで投球「感覚と動きが一致してきた」

広島・大瀬良は2日、マツダスタジアムでの分離練習に参加し、本拠のマウンドで55球を投げ込んだ。 直球を中心にカーブやフォークなどを織り交ぜた。 セットポジションを多く取り入れた投球練習に、「試合はセッ …