カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

球団初のリーグ3連覇!27年ぶりの地元胴上げは「夢のような時間」

2018年9月26日

球団初のリーグ3連覇!27年ぶりの地元胴上げは「夢のような時間」

公式戦(9月26日、カープ10-0ヤクルト、マツダスタジアム)

優勝へのマジックを「1」としていた広島東洋カープは26日、マツダスタジアムで行われたヤクルト戦に勝ち、球団史上初となる3年連続9度目のリーグ優勝を飾った。

真っ赤に染まったマツダスタジアムが歓喜に包まれた。過去2年間かなわず、27年ぶりとなった地元での胴上げ。緒方監督や選手、そしてすべてのカープファンが待ち望んだ瞬間だった。歓喜の輪の中心で緒方監督が9度、宙を舞い、ファンが歓喜に酔いしれた。

3連覇に王手をかけて臨んだヤクルト戦。カープ打線が序盤から活発に打ちまくった。一回、丸の適時打で先制。さらに松山、会沢の適時打などで一挙5点を奪った。六、七回に2点を加え、先発野手全員安打の猛攻で10得点。スタンドはお祭り騒ぎとなった。

投げては先発九里が8回無失点の力投。四回は無死満塁のピンチを無失点でしのぎ、ド派手なガッツポーズ。最後は3年連続胴上げ投手となった中崎が締め、歓喜の瞬間を迎えた。

優勝監督インタビューでは緒方監督が「絶対マツダで優勝をきめるんだと臨みました。ファンの皆さん!リーグ優勝、3連覇、おめでとうございます!」と祝福。そして、「最高ですね。選手だけでなく、ファンの皆さんに胴上げしてもらい、夢のような時間でした。ありがとうございました」と感謝した。

2016年に25年ぶりのリーグ優勝を飾り、昨季は2連覇を達成。球団史上初の3連覇が懸かった今季も力強い戦いで首位を独走した。投手陣を引っ張ったのが大瀬良だ。入団当時のキレのある直球を取り戻し、自己最多となる15勝をマークした。ジョンソンも2年ぶりに2桁勝利を挙げ、左右の両エースがシーズン通して安定した力を発揮した。

一方、攻撃面は今季も強力打線が打ちまくった。3番・丸は春先に負傷で1カ月間戦列を離れたにもかかわらず、本塁打王争いのトップを走る38本。4番・鈴木も自己最多となる30本を放ち、他球団の投手陣を震え上がらせた。長距離砲の脇を固める松山やバティスタ、会沢らの勝負強さも光った。

新戦力もブレークした。丸の離脱でチャンスをつかんだ野間は打撃が開花し、レギュラーの座を獲得、終盤は1番も任された。西川も天性の打撃センスを見せつけ、三塁のポジションを奪った。投手陣では好不調の波が激しかった救援陣を、2年目のアドゥワと今季支配下登録を勝ちとった最速159キロのフランスアが支えた。

“地元愛”も大きな原動力だった。7月の西日本豪雨では県内で甚大な被害が出たが、豪雨後、初のマツダスタジアムでの試合となった巨人3連戦ではドラマチックな3連勝を飾り、被災地に希望を届けた。「悲しいできごとが起こり、選手も動揺した。でも、そこから選手も信じられない勝ち方をした」と指揮官。被災者の思いを背負い、ともに戦い、そしてつかんだ3連覇でもあった。

さあ次はCSだ。DeNAに足元をすくわれた昨年の過ちは繰り返さない。さらに、その先には34年ぶりの日本一が待っている。今季限りの引退を表明したベテラン新井の花道を飾るためにも、緒方カープは頂点を目指して走り続ける。

(※引用元 デイリースポーツ

関連記事

『2019.04.10』の悲劇、10回表ヤクルトの攻撃…

『2019.04.10』の悲劇、10回表ヤクルトの攻撃…

公式戦(4月10日、カープ3-15ヤクルト、マツダスタジアム) 何が守り勝つ野球やねん!さすがに、呆れてモノも言えんわ!! ヤクルト、10回(1イニングだけ)の攻撃です。

延長戦を制し、M20!2年連続、巨人戦15勝以上は26年ぶり快挙

延長戦を制し、M20!2年連続、巨人戦15勝以上は26年ぶり快挙

公式戦(8月29日、カープ5-4巨人、東京ドーム) 広島が延長で巨人を下し、マジックをひとつ減らして、20とした。貯金も今季最多の23となった。 延長十回、巨人4番手のアダメスから3四球で1死満塁とし …

V20号の丸さまさま!好投のアドゥワ「ビッグヘッドさんのおかげ」

V20号の丸さまさま!好投のアドゥワ「ビッグヘッドさんのおかげ」

公式戦(7月22日、カープ8-6巨人、マツダスタジアム) 決勝の20号2ランを含む2打席連続本塁打を放った広島の丸佳浩外野手(29)が、お立ち台で2年目のアドゥワ誠投手(20)と絶妙のかけ合いを披露し …