カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

ロッテが丸を調査、今季FA最大の目玉…4年総額20億円で『勝負』

2018年10月14日

ロッテが丸を調査、今季FA最大の目玉…4年総額20億円で『勝負』

ロッテが、今季フリーエージェント(FA)権を取得した選手の中で最大の目玉となる広島・丸佳浩外野手(29)の獲得に向け調査していることが12日、分かった。

FA宣言が前提だが、争奪戦必至の戦いに名乗りをあげる理由は、もちろん攻撃力の底上げにある。今季は前半こそAクラスを争ってきたが、夏場以降の失速は攻撃力の不足が大きな要因となった。井口資仁監督(43)は「打線は最大の補強ポイントのひとつ」としており、球団のバックアップは急務だ。

特に1試合を残しているもののチーム本塁打数78は、最下位に沈んだ昨季の95さえ下回り、リーグ唯一の2桁にとどまる。チーム最多は井上晴哉内野手(29)の24本(12日現在)。丸は今季リーグ2位の39本を記録し、97打点と勝負強さも兼ね備える。

球団関係者も「非常に魅力的な選手なのは間違いない」と明言。本拠地のZOZOマリンは両翼に「ホームランラグーン」を設置する改修工事中で、来季は本塁打の量産も期待できるだけに、丸の加入なら得点力は一気に上がる。

また、丸が千葉・勝浦市生まれで千葉経大付高の出身という“ご当地”選手で、熱いファンのサポートも口説き落とす材料になりそうだ。

丸の今季年俸は2億1000万円(推定)で、4年契約で総額20億円規模の高額な争いは避けられない。それでも球団は昨年の赤字を約6億円程度にまで縮小、今季は初の黒字化を目指しており勝負どころにきている。今オフの動きが、2年目の井口ロッテの命運を握る。

(※引用元 サンケイスポーツ

関連記事

2020年復活候補は?新選手会長の田中、長野、堂林、薮田、岡田…

2020年復活候補は?新選手会長の田中、長野、堂林、薮田、岡田…

昨年堂林は9月に5年ぶりサヨナラ打、長野は9月に打率.313と調子を戻した 2016年からセ・リーグ3連覇も、昨年は4位に沈んだ広島。緒方孝市氏が監督を退任して佐々岡真司氏が就任した今季、レギュラー争 …

首位快走も…先制点フイする『エース・野村』に、カープナイン不信感

首位快走も…先制点フイする『エース・野村』に、カープナイン不信感

またかよ――。 26日のDeNA戦に先発した広島の野村祐輔(28)がピリッとしない。初回にもらった3点をすぐに吐き出し、試合をもつれさせた。 広島が3試合連続で初回に先制した。 プレーボール直後に連打 …

石原、14度目の護摩行「もう一人の自分に勝つ」會澤、小窪、堂林も

石原、14度目の護摩行「もう一人の自分に勝つ」會澤、小窪、堂林も

広島・石原慶幸捕手(40)、小窪哲也内野手(34)、会沢翼捕手(31)、堂林翔太内野手(28)が9日、鹿児島市の最福寺で恒例の護摩行を敢行した。 燃えさかる炎に顔をゆがめ、大声で経を唱えながら90分に …