カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

カープは、緒方長期政権へ!監督候補は、30年先まで『待ちぼうけ』

2018年10月15日

カープは、緒方長期政権へ!監督候補は、30年先まで『待ちぼうけ』

広島・緒方孝市監督(49)は2015年の就任1年目こそリーグ4位に終わったものの、その後3連覇。5年目となる来季の続投は確実となっている。

野村謙二郎前監督(52)を含め、広島はこれまで5年を一区切りとするケースが多かった。この法則に当てはめれば、緒方監督は来季いっぱいということになる。とはいえ、チームはV3で黄金時代に突入。経営陣からの評価も高く、長期政権の可能性が出てきた。

そうなると「順番待ち」の監督候補は待ちぼうけである。広島ほどズラリと並ぶ球団は他にないからだ。

候補とされるのは佐々岡真司二軍投手コーチ(51)、前田智徳氏(47)、黒田博樹氏(43)。広島の某OBがこう言う。

「順番はともかく、いずれ全員がやる。これがカープなんです。そこに今季限りでの引退を表明している新井(貴浩=41)も加わった。そして、黄金時代が到来したことで、球団内で再評価の動きがあるのが野村前監督。丸を筆頭に、菊池、田中、鈴木誠也ら、現在の主力を1年目から辛抱強く起用しながら育成したことで、5、5、4、3、3位だった功績を見直そうという声がある。野村2次政権があるかもしれないのです」

かつて「ミスター赤ヘル」こと山本浩二氏(71)が1989~93年、2001~05年と5年ずつ2度、計10年間指揮を執っている。

人材難にあえぐ巨人と阪神

対照的なのは、いずれも就任3年目を終えようとしている巨人と阪神である。

巨人・高橋由伸監督(43)は2位、4位ときて、今季は06年以来となる12年ぶりのシーズン負け越しが決定。3位争いをするのがやっとの状態だ。それでも山口寿一オーナーは「(若手で台頭している)岡本らが成績を残しているのは、監督やコーチ陣が若手を育てようとしたのも大きかった。監督には十分にチームを整えて腕を振るってもらいたいと考えている」と9月半ばに来季の続投を示唆。しかし、3日になって急転直下、由伸監督の辞任が決定。後任には原辰徳前監督(60)の復帰が内定している。球界の歴史でも数少ない3度目の登板である。「他に候補がいないんですよ」と読売関係者がこう続ける。

「長らく大本命のまま、一向に煮え切らない松井秀喜(44)以外の確固たる監督候補がどこにも見当たらない。斎藤雅樹投手総合コーチ(53)や、よく名前が挙がるOBでDeNA前監督の中畑清(64)は現実的ではないし……。それなら現役の阿部慎之助(39)の方がいいんじゃないか、なんて関係者もいるほどです」

阪神はさらに顕著だ。金本知憲監督(50)は最初の2年契約を4位、2位で終え、昨オフに新たに3年契約を結んだ。が、6日現在、借金16、最下位とボロボロである。

もし今季、最下位で終わるようなら、電撃解任の可能性はある。次期候補には、矢野燿大二軍監督(49)、掛布雅之オーナー付シニアエグゼクティブアドバイザー(63)、岡田彰布氏(60)といった名前が挙がるものの、広島のように、この3人が「必ずやる」わけでは、もちろんない。契約途中という理由で、既定路線はあくまで続投なのだ。

「マスコミがいろいろ名前を挙げてはいるけど、これといった人材がいないから、いつも監督問題は紛糾するし、混迷する。広島はしっかり次が待っていていいですよね」(阪神OB)

広島は現在5人が順番待ち。仮に1人5年として来季以降の緒方監督の延長分も含めれば、およそ30年先まで監督には困らない。指揮官の人選に関わる巨人、阪神のお偉いさんたちは、うらやましいに違いない。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

北別府氏、打撃不振の田中広輔に熱きエール「こういう時は必ずある」

北別府氏、打撃不振の田中広輔に熱きエール「こういう時は必ずある」

広島の元エースとして通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(61)が8日、自身のブログを更新。同日の中日戦(ナゴヤD)で9回2失点完投勝利を飾った広島のエース大瀬良大地投手(27)を称え …

カープ一筋25年の新一軍打撃コーチ「生きて死ねるか」で立て直す!

カープ一筋25年の新一軍打撃コーチ「生きて死ねるか」で立て直す!

「生きて死ねるか――」 選手への強烈なメッセージは、新たに広島の一軍打撃コーチに就任した朝山東洋の所信表明のようでもあった。 15年務めた二軍コーチから、一軍担当となった。育成に重きが置かれた二軍とは …

『カープらしさ』の始まりは、高橋慶彦の現実離れした『アニメ感』

『カープらしさ』の始まりは、高橋慶彦の現実離れした『アニメ感』

7月4日の対スワローズ戦、初回からカープ自慢のタナキクマルが躍動した。まず1番・田中広輔が東京ヤクルトの先発・ブキャナン投手の初球を叩いてレフトスタンドに打ち込む先頭打者本塁打。2番の菊池涼介が左中間 …