カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

活発な打線の中、丸が4三振で打率・083…気がかりなその状態は?

2018年10月30日

活発な打線の中、丸が4三振で打率・083…気がかりなその状態は?

両軍合わせて28安打で17得点。計6発が飛び交った打撃戦を制したのは、ソフトバンクだった。今シリーズ初勝利を飾り、1勝1敗1分けの五分に戻した。広島は安部、鈴木の2発を含め、相手を上回る16安打。この試合は敗れたものの、驚異的な追い上げで底力を見せつけた。

その活発な打線で唯一、気がかりなのは丸の状態だろう。

ここまでの3試合で12打数1安打、打率・083、8三振。この試合はまさかの4三振を含め、5打数無安打に終わった。

デイリースポーツ評論家の関本四十四氏は「体が開いてしまって、アウトコースの球にバットが当たらない。シーズン中は外角球を逆方向へ流し、マツダスタジアムの上段にたたき込むことが何度もあった。シーズン終盤も調子を落としていたが、底の状態ではないか」と、解説する。

この試合では三回、2死満塁でミランダの外角チェンジアップに空振り三振。関本氏は「セ・リーグにはいないタイプの先発ミランダに手こずった。巨人のメルセデスより緩急がついていて、低めのボール球に手を出していた。タイミングが合っていなかった」と振り返った。

第4戦目以降へ向けて、関本氏は「ソフトバンクは2戦目まで静かだった柳田が2安打。広島も丸が復調することで、チームはさらに勢いづくはず」と語る。4番鈴木が打率・571と絶好調。それだけに前を打つ丸の復調が、34年ぶりの日本一へカギとなりそうだ。

(※引用元 デイリースポーツ

関連記事

このタイミング…変わらぬ誠也の『変顔』に鯉党ほっこり「元気出た」

このタイミング…変わらぬ誠也の『変顔』に鯉党ほっこり「元気出た」

セ・リーグ3連覇を果たした広島の若き主砲、鈴木誠也外野手(24)が30日夜、自身のブログを更新。得意の”変顔“写真をアップし、落ち込んだり気持ちがささくれだったりしているであろう多くの鯉党に束の間の癒 …

松田オーナー、猛ゲキ!小窪に「三塁空いている、レギュラーとれよ」

松田オーナー、猛ゲキ!小窪に「三塁空いている、レギュラーとれよ」

広島・松田元オーナー(67)が4日、広島市内の球団事務所で仕事始めを迎え、小窪哲也(33)、堂林翔太両内野手(27)、岩本貴裕外野手(32)に奮起を促した。 昨季限りで現役引退した新井貴浩氏(41)や …

誠也、退団エルドレッドに感謝!骨折時におんぶ「一生忘れません…」

誠也、退団エルドレッドに感謝!骨折時におんぶ「一生忘れません…」

広島の若き主砲、鈴木誠也外野手(24)が25日夜、自身のブログを更新。7年間プレーした広島を今季限りで退団するブラッド・エルドレッド内野手(38)に惜別と感謝の言葉を送った。 まずは毎年恒例のファン感 …