カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

つば九郎とカープ戦士の友情にネット感動「涙腺崩壊」「ありがとう」

2018年11月7日

つば九郎とカープ戦士の友情にネット感動「涙腺崩壊」「ありがとう」

ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」と今季限りで現役引退した広島・天谷宗一郎外野手(35)の球団を超えた友情に感動する野球ファンが続出している。

つば九郎はつばめとは思えない交友の広さで知られ、その「おとももち(おともだち)」は他球団にも多く在籍。ヤクルトが進出を逃したクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージや日本シリーズでは各チームにいるたくさんの「おとももち」に自身のブログを通じて精いっぱいの声援を送ってきた。

そんなつば九郎は6日に「あまやん。」とのタイトルで更新したブログで「ことしも、だいすきなおとももちが、ぐらんどをさることになりました」と天谷に言及。笑顔で2ショットに収まる天谷との写真をアップした上で思い出をつづった。

「あまやんとは、しあいまえかならずちょっかいかけあうなかでした。かならず、そこには、あかまっちゃんもいっしょだったね」と昨年1月の胃がん手術から復活を目指す赤松真人外野手(36)の名前も出して交流をつづった、つば九郎。

「しあいまえに、ほんのささいなはなしからはじまった、あいだがら。なんかいもはなすうちに、あまやんが、すためんかどうかきになったり、かーぷせんがちかくなると、せいせきをきにしたりと、じんぐうであったらどんなはなしをしようか、たのしみでした」とし、「あまやんは、いつもえがおで、せっしてくれました。だけど、だんだんと、じんぐうにくるきかいがへります。わかてが、ちからをつけて、つぎつぎとのびてきました」と若鯉たちの台頭で徐々に2軍暮らしが多くなっていった天谷の状況に触れた。

つば九郎はなかなか会えなくなったおとももちの近況を知ろうと「しんぶんの、うぇすたんのけっかをみながら、おうえんするひびもおおくなり・・・」とウェスタンリーグの結果も気にしていたという。だが、天谷はシーズン終盤に今季限りでの現役引退を発表。「ついに、ぷろやきゅうせんしゅとして、くるべきときがきてしまいました。まだやれるんじゃないの~いや、まだあまやんと、じんぐうで~!でも、あまやんがきめたんだもんね。ことしは、あんていして、せいやくん、のまくん、まるちゃんたちが、がいやをまもりきった。。。」と寂しさをにじませつつ引退を受け入れた。

そして、天谷は一夜明けた7日、自身のインスタグラムを更新。つば九郎が載せたものと同じ2ショット写真をアップして「つば九郎へ。ありがとう。天谷より」と短くつづり、ライバルチームのマスコットへ感謝した。

つば九郎は6日のブログで「あまやん、15ねんかんおつかれさまでした。いつもあそんでくれてありがとう」と記していたが、天谷は「つば九郎」「17年だよ」「また会いたい」「頑張ろう」などのハッシュタグを付け、ちゃめっ気たっぷりにプロ生活の年数を”訂正”。つば九郎は7日、「ていせいしたよ~」のタイトルでブログを更新すると「いいおとももちに、めぐまれてます!」と再び感謝の言葉を送った。

そんな1人と1羽の球団を超えた友情にインターネット上も感動。「つば九郎ありがとう」「つば九郎の天谷君愛!」「愛があふれてる」「バスの中で読んだけど涙腺崩壊」「天谷よくつば九郎と絡んでたもんなー」などと声が挙がった。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

戦力外となったカープ時代とどう違う?鷹育成が高知で遂げた『変貌』

戦力外となったカープ時代とどう違う?鷹育成が高知で遂げた『変貌』

もう一度野球の楽しさ、投げる喜びを知れたのが大きかった 広島時代から一体、どんな変化があったのか。藤井はこの日の登板後にこう語った。 「広島の時は、結果にこだわりすぎて、自分の投球ができなかった。今は …

誠也が「生きた教材」打率両リーグトップ!堂林の覚醒は本物なのか?

誠也が「生きた教材」打率両リーグトップ!堂林の覚醒は本物なのか?

広島・堂林翔太内野手(28)が両リーグトップの打率4割1分4厘と目覚ましい活躍で、三塁のレギュラーを不動のものとしつつある。高卒3年目に全試合出場で14本塁打を放ち「鯉のプリンス」と呼ばれたが、その後 …

田中の復活が最大の『補強』、主砲・鈴木誠也に次ぐ大砲は現れるか?

田中の復活が最大の『補強』、主砲・鈴木誠也に次ぐ大砲は現れるか?

どんなチームも未知数の要素を抱えてシーズンを迎えるもの。2020年の広島の成否を左右するであろう3つの要素を分析してみよう。 ●1 田中広輔は復活できるか 昨年、右ヒザの故障で極度の不振に陥った田中の …