カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

北別府氏「火に油を注ぐような事に…」、丸FA宣言めぐる騒動を反省

2018年11月11日

北別府氏「火に油を注ぐような事に…」、丸FA宣言めぐる騒動を反省

プロ野球広島OBで野球評論家の北別府学氏(61)が、国内フリーエージェント(FA)権の行使を表明した広島丸佳浩外野手(29)に対して一部ファンから厳しい言葉が上がっていることについてコメントした。

FA宣言した選手に対し、ファンからはしばしば「裏切り者」といった言葉が出る。北別府氏は9日更新のブログで、「丸選手が国内FA権を行使した事を至極一部ファンの間で、色々と物騒な言葉が出ているようですが」と言及。

「今まで頑張ってきて勝ち取った権利ですから、プロの選手として行使する事は何ら悪いことでも何でもない 色々と言われようと、そこには巨額のお金が動きますが、これもプロの選手として成功の証」と説明し、

「巨額の年俸を頂くからには、今まで以上の働き、努力をしなければいけない事になるし、また大変なヤジも飛んでくると思うが、丸選手ならば必ずや乗り越えて野球ファンを喜ばせてくれると信じています」とつづった。

実は、北別府氏は7日のブログで、丸について「速報に上がるほどの選手を育てあげたのは、広島東洋カープだ!!」と発言したことで、一部ファンからパワハラを指摘され、翌日のブログで反省の思いをつづっていた。

今回のブログでも「せっかく勝ち取った国内FA権の行使に、私ごときのブログで火に油を注ぐような事になってしまったのではないかと、大変申し訳なく思ってきます」とあらためて反省。

「結果はどうなるかわかりませんが、日本のプロ野球界の中で、FA権を行使する選手たちのますますの活躍を一緒に応援してください」と呼びかけ、

「私達の前の時代からカープファンは家族のように温かく、時には厳しく選手を育てるように応援してくれました。その中で育った選手が、FA権を行使したとしたら、きっと見守ってくれると信じています」と記している。

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

濃密な伝統、一風変わったカープ史/パ・リーグに加入していたら…

濃密な伝統、一風変わったカープ史/パ・リーグに加入していたら…

パ・リーグに加入していたら… 本誌創刊の1958年(昭和33年)、広島カープは5位。優勝はおろかいまだAクラスの経験もなく、いつ抜け出せるかも分からぬ長い低迷時代の中にあった。 もちろん、球団の歴史は …

田中広輔と小園海斗が散らす火花…ショートの座は、勢いか、堅実か?

田中広輔と小園海斗が散らす火花…ショートの座は、勢いか、堅実か?

バチバチと、広島春季キャンプのグラウンドでは見えない火花が散っていた。遊撃手争いを繰り広げる田中広輔と小園海斗。勢いある若手が、堅実さで積み上げてきた先輩に真っ向勝負を挑んでいる。 昨春はまだライバル …

現役時代、佐々岡監督がメジャー挑戦を求め、渡米しなかったワケは…

現役時代、佐々岡監督がメジャー挑戦を求め、渡米しなかったワケは…

広島は今月8日、菊池涼介内野手(29)のポスティング制度を利用しての米メジャー挑戦を容認した。さらなる挑戦を求め、渡米する選手がいる一方でカープに野球人生をささげた選手もいる。 「僕はメジャーに行こう …