カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

アドゥワ、4.6倍増の2200万円サイン!来季、先発ローテ入りも

2018年11月18日

アドゥワ、4.6倍増の2200万円サイン!来季、先発ローテ入りも

広島のアドゥワ誠投手(20)が17日に秋季キャンプ地の宮崎県日南市内の宿舎で交渉し、1720万円増の推定年俸2200万円で契約を更改した。高卒2年目で1軍デビューして53試合に登板し、プロ初勝利を含む6勝2敗。中継ぎでのフル回転が認められ、約4・6倍の大幅昇給をつかみ取った。来季へ向けては佐々岡投手コーチから先発ローテーション争い参戦の期待も向けられた。

嫌でも期待が高まっていた席上でアドゥワの目に入ったのは驚きの大幅昇給だった。

契約更改を終えて「想像以上でした」と言ったのは本音だろう。今季年俸480万円から約4・6倍増の2200万円。気持ちは自然と引き締まった。

「“まだ完成はしていないし、これからも期待している”と言っていただいた。来年はとにかく今年以上の成績を残したい」

1軍デビューを果たした高卒2年目の今季はプロ初勝利を含む6勝を挙げた。救援陣が軒並み不調に陥る中で開幕から一度も1軍を外れずに53試合登板。敗戦処理からロングリリーフまでこなす万能ぶりで、ブルペンに欠かせない存在にまで評価を上げた。

立場は変わり、佐々岡コーチには「先発メンバーは何人でも作っておきたい。5、6番手が誰になるかは分からないけど、アドゥワや床田というところにも期待したい」とハッパをかけられた。手術明けで連投が厳しいことから先発調整に限られる床田と並んで名前に挙がったことからも、アピールを続けた先に先発ローテーション入りが見えていることは間違いない。

本人は「(契約交渉で)先発をやりたいかと聞かれたけど、任されたところでやるだけですと答えました」と執着はしない。しっかり足元を見つめ、成長を期して温めているのが新球習得だ。

「球種も増やさないといけないな…と思っている。相手には今年のデータがあると思うので何でもいいので投球の幅を増やしたい」

今秋キャンプでは今季通じて制球の安定しなかったカーブの練習に重きを置いている。シート打撃では直球とカーブのみで組み立てるなど飛躍翌年の“2年目の壁”を乗り越えるための準備に余念はない。先発ローテーションを担うまでになれるか――。成長の跡を示す秋としたい。(河合洋介)

(※引用元 スポニチアネックス)

関連記事

松山は3500万円増、11年目で年俸1億円の大台到達「長かった」

松山は3500万円増、11年目で年俸1億円の大台到達「長かった」

広島・松山は3連覇に貢献し、3500万円増の年俸1億円で来季の契約を更改。11年目で大台に乗り「(1年目の)650万円からここまで来られた。長かったけど、目標だったので素直にうれしい」と笑顔で語った。 …

松田オーナー、ドラフト会議で『中村』を1位指名することに決定

松田オーナー、ドラフト会議で『中村』を1位指名することに決定

広島・松田オーナーが14日、広島市内の球団事務所で報道陣の取材に応じた。 今秋のドラフト会議で1位指名することを決めた広陵中村奨成捕手(3年)について「肩が強くてインサイドのさばきがうまいのが魅力」と …

ジャクソン残留熱望!来季も「広島で」、カープ愛ほとばしらせ帰国

ジャクソン残留熱望!来季も「広島で」、カープ愛ほとばしらせ帰国

広島のジェイ・ジャクソン投手(30)が3日、広島を離れ米国に帰国した。帰国前、広島駅で報道陣の取材に応じ、来季もカープでのプレーを熱望した。2年目の今季はシーズン途中に不調に陥ったものの、チーム2位の …