カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

誠也、丸に愛情込めて宣戦布告「デカい頭を的に、ぶち抜く勢いで!」

2018年12月2日

誠也、丸に愛情込めて宣戦布告「デカい頭を的に、ぶち抜く勢いで!」

広島・鈴木誠也外野手(24)が1日、巨人へのFA移籍が決まった丸に、宣戦布告の惜別メッセージを贈った。

3・4番コンビを組んだ尊敬する先輩。「ヨシくん、バイバイ」と別れを告げ「あのデカい頭を的に、ぶち抜く勢いで」G倒を誓った。独特のユーモアとペーソスを交えた鈴木らしい愛情表現。リーグ4連覇に向け、主砲としても一層の奮起を約束した。

丸の巨人入り表明から一夜明け。自主トレとリハビリのためマツダスタジアムを訪れた鈴木は、5歳年上の先輩が下した重い決断に「寂しいです。ただ家族もいるし、結構悩んでいたことも聞いていたので、仕方がない」と冷静に受け止めた。

それでも胸中の喪失感は隠せない。入団以来6年間、公私両面で親交が深かっただけに「心許せる好きな先輩が1人居なくなって、穴が開いた感じがします」。ライバル球団への移籍にも「敵という風には思わない」。偽らざる本音だった。

打者としても尊敬していた。3連覇の原動力となった3・4番コンビ。「後ろで打たせてもらったので、勉強や参考になることが多々あった」。声が大きく、切り替えが早い性格も「引きずらないタイプの人。やかましいけど、そういう人が1人居るだけで心強かった」と苦笑した。

2年連続MVPの流出。確実性と長打力を兼ね備え、出塁率も高いだけに「丸さんのような打者はなかなかいない。普通に考えると相当痛い」。だからといって手をこまねいてはいられず「枠が一つ空くのはチャンス」と代役台頭を期待する。

「ボクもより頑張らないと。さすがに、あの人の分までやるのは厳しいので、持っている力をフルに出し切りたい」。自身も4番打者として一層の奮起を約束し、先輩の特徴でもある「あのデカい頭を的に、ぶち抜く勢いで」とG倒に臨む意気込みを強調した。

独特のユーモアとペーソスを交えた鈴木らしい愛情表現。ボルトの除去手術を受けた右足首のリハビリは順調に進んでおり、開幕を照準に「しっかり動けるように」と青写真を描く。「丸さんが居なくなればマークが厳しくなると思う。普通にケガなくやりたい」

リーグ4連覇を目指す来季。広島を離れても、先輩への思いは変わらない。「“ヨシくん、バイバイ”と書いておいてください」。鈴木は白い歯をのぞかせながら、親愛の情を込めて宣戦布告した。(江尾卓也)

▽丸の「頭」 丸は1軍で活躍し始めた当初、お立ち台で「顔のデカい丸です」と自己PRしていた。鈴木らがいじる形で「あのビッグヘッドモンスターが…」などとコメントすることも多々あった。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

ピンチに強い『菅野智之』とピンチを未然に防ぐ『大瀬良大地』/比較

ピンチに強い『菅野智之』とピンチを未然に防ぐ『大瀬良大地』/比較

セ・リーグ防御率1位の広島・大瀬良大地と2位の巨人・菅野智之が、ともに8月17日に勝利を飾った。ここでは、2人を記録面から比較してみたい。 別次元にいる菅野 「ギアを上げる」という言葉が普通に使われる …

球団初のグッズが、資金難のチームを救った!歴史をつないだ『鉛筆』

球団初のグッズが、資金難のチームを救った!歴史をつないだ『鉛筆』

[みみよりライブ 5up-広島ホームテレビ]2018年3月6日放送「きょうのイドバタッ!」のコーナーで、1951年に誕生した「第一号」のカープグッズを紹介していました。 「カープ鉛筆」が描いたもの 毎 …

田中広輔と小園海斗が散らす火花…ショートの座は、勢いか、堅実か?

田中広輔と小園海斗が散らす火花…ショートの座は、勢いか、堅実か?

バチバチと、広島春季キャンプのグラウンドでは見えない火花が散っていた。遊撃手争いを繰り広げる田中広輔と小園海斗。勢いある若手が、堅実さで積み上げてきた先輩に真っ向勝負を挑んでいる。 昨春はまだライバル …