カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

2位との対戦に、圧倒的な強さを誇ったカープ!/好珍記録アラカルト

2018年12月12日

2位との対戦に、圧倒的な強さを誇ったカープ!/好珍記録アラカルト

長いシーズンの中には、偉大な記録から、あっと驚く珍記録までさまざまな数字が残された。記憶に残る記録から、そうでもないものまでギュッと凝縮してお届けしよう。

圧巻の巨人戦3連勝

今季82勝のうち半数の41試合で逆転勝ちを収め、さらに45勝25敗2分とホームゲームでの強さに加え、今季の広島のもう一つのストロングポイントは、首位でも2位でも、「1位と2位との対戦」に圧倒的な強さを見せたことだった。

広島が2位での1位のチームとの対戦は2試合で2勝。そして広島が1位での2位チームとの対戦は、実に21勝3敗1分け。「1位と2位との対戦」の合計成績は、23勝3敗1分け、勝率はなんと.885だったのだから、独走優勝したのも当然か。

なかでも、7月20~22日、7連勝して広島に乗り込んできた巨人を10対9、7対5、8対6と、いずれも激戦の末にスイープし、相手の自力優勝の可能性を消したのは圧巻だった。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

鈴木誠也の不調とともに、チーム成績も急降下…担当記者が見た打開策

鈴木誠也の不調とともに、チーム成績も急降下…担当記者が見た打開策

2位の広島が今季ワーストタイの5連敗(1引き分けを挟む)で本拠地マツダでは4年ぶりの6連敗を喫した。最大14あった貯金は1に。昨季までの3連覇を支えた「本拠地での無類の強さ」や「お家芸の逆転劇」が鳴り …

カープと開幕と私――今季最初の試合をどう観るか?/文春野球コラム

カープと開幕と私――今季最初の試合をどう観るか?/文春野球コラム

文春野球コラムペナントレース。昨シーズン、カープの担当ライターとして初参加し、45才のオールドルーキーながら「セ・リーグ新人王」を受賞。これで2020年シーズンも参加させてもらえるだろうと胸をなで下ろ …

大瀬良、ドラフト1位の森下へ助言「張り切りすぎず自分のペースを」

大瀬良、ドラフト1位の森下へ助言「張り切りすぎず自分のペースを」

広島の大瀬良大地投手(28)が島内颯太郎投手(23)とともに北九州市内のホテルで行われた九州共立大のイベントに参加。 ドラフト1位で入団した森下暢仁投手(22)へ「注目を浴びるし、すごく期待されると思 …