カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

カープ『救援左腕』狙い、人的補償に浮上する巨人若手『2人』の名前

2018年12月26日

カープ『救援左腕』狙い、人的補償に浮上する巨人若手『2人』の名前

先週20日、巨人はFAで炭谷を獲得した人的補償として、西武に内海を取られた。元エースの流出劇に球界は騒然。ネット上には巨人への批判があふれ返っている。

巨人の上層部はピリピリモード。広島からFAで丸を獲得しているため、広島にも人的補償を求められそうだからである。「28人」のプロテクトリストは、12日までに提出済み。が、広島から返事は届いていない。広島の鈴木球団本部長は「(内海は)対象選手ではなかった」と明かし、結論が年明けになる可能性を示唆している。タイムリミットは来年1月19日。まだ時間は残されている。

36歳の内海獲得はあえて見送る

指名されるのは誰か。広島の球団内に情報統制が敷かれる中、2人の名前が浮上した。「左の若い救援投手が指名されるでしょう」とは、広島のさる球団関係者だ。

「広島は、近年ずっといわれてきた左の中継ぎ投手が補強ポイント。今年5月に育成のフランスアが支配下登録され、その後、馬車馬のようにフル回転した。他に勝ち試合を任せられる左投手がいないため、依存度が強まってしまった。36歳の内海獲得はあえて見送っていることから、まだ若くて能力の高い投手が狙い。リストから外れていれば、戸根か中川あたりが指名される可能性が高い」

4年目の戸根千明(26)は今季、左肘を痛めて約4カ月間のリハビリ生活を余儀なくされ、プロ4年目で初の一軍登板なしに終わった。ただ、すでに故障は癒え、二軍では計14試合で防御率2.02の成績を残した。2015年には46試合、16年は42試合に登板している。

3年目の中川皓太(24)は今季30試合に登板し、1勝1セーブ。防御率は5.02だった。

「特に戸根は14年のドラフト前日の会議で映像を見て気に入った原監督が、山口鉄也の後釜候補として評価。急きょ2位指名が決まった経緯がある。いわば“原派”の投手ですが、島根・石見智翠館高出身でご当地選手でもあり、広島の評価も高い」(球界関係者)

巨人陣営はヤキモキしながら年の瀬を迎えることになりそうだ。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

ヘーゲンズ、誠也の「パワーと肩」を称賛!メジャーに「挑戦できる」

ヘーゲンズ、誠也の「パワーと肩」を称賛!メジャーに「挑戦できる」

地元紙で語る、大谷の打撃も称賛「スポットをミスすると、打つ選手」 元広島のブレイディン・ヘーゲンズ投手が、地元紙の特集記事の中で日本での2年間を振り返り、今季からエンゼルスに移籍した大谷翔平投手、そし …

一番走られなかった捕手、走りにくい捕手…それでも走る『カープ』

一番走られなかった捕手、走りにくい捕手…それでも走る『カープ』

阻止率が高くても…… 2017年の記録の裏側に迫る短期連載。第4回は盗塁阻止率だ。 まずパであるが、72試合以上の出場での阻止率1位はロッテ・田村龍弘の.337。ただ、だから彼が「一番走られなかった男 …

セは全員出席、パは2人しか出席せず…パの怠慢、傲慢/オーナー会議

セは全員出席、パは2人しか出席せず…パの怠慢、傲慢/オーナー会議

プロ野球オーナー会議が11日に都内のホテルで行われたが、相変わらず出席率は「セ高パ低」だ。 セは議長の中日・白井文吾オーナーをはじめ広島・松田元、阪神・坂井信也、横浜DeNA・南場智子、巨人・老川祥一 …