カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

人類最速169キロ左腕のバッキバキボディに反響「まさにミサイル」

2019年1月5日

人類最速169キロ左腕のバッキバキボディに反響「まさにミサイル」

チャップマンが公開した筋トレ写真が年末年始のファン釘付け

米大リーグは年末年始で各球団の動きも小休止していたが、そんな時期に驚異の肉体でファンの視線を釘付けにしたのがヤンキースの守護神アロルディス・チャップマン投手だ。自身のインスタグラムでウエイトトレーニングに励む姿を画像付きで公開すると、バッキバキに鍛え上げた“鋼の鎧”に、ファンから「まさにキューバのミサイルだ」などと大反響を集めた。

チャップマンが公開したバッキバキボディ

MAX105マイル(約169キロ)を誇る人類最速左腕の肉体は規格外だった。球界の動きも静かになる年の瀬の12月30日、チャップマンは1枚の画像を公開した。

トレーニング場でバーベルを持ち上げようとするチャップマン。しかし、身にまとった黒のタンクトップにハーフパンツでは隠し切れないほど、肉体は鍛え上げられている。大胸筋は盛り上がり、二の腕はまるで丸太のよう。170キロ近い剛速球を投げられるのも納得してしまうような鋼のボディだ。

年末年始も休まず、トレーニングを継続している守護神。「皆さん良い土曜日を」とつづって公開した1枚を目の当たりにした米ファンも度肝を抜かれた。

ファン熱視線「鏡で見える撮影者はマチャドかな?」

「行けアロルディス」
「王者復活だ」
「膝を壊す前に靴ひもを結ぶんだ、次のシーズンは健康じゃないと困る」
「2019年のリングを獲得して!」
「まさにキューバのミサイル!」
「間違いなく歴代最も好きなクローザー」
「レッズがクローザーを必要としてるよ」
「下半身もしっかりね」
「鏡で見える撮影者はマチャドかな?」

このようにコメントが相次ぎ、3万件を超える「いいね!」が集まっていた。昨季は55試合に登板し、3勝0敗32セーブ、防御率2.45で2シーズンぶりに30セーブ超えを果たしたチャップマン。2月には31歳を迎えるが、この肉体なら、球速のさらなる“高速化”を期待したくなる。

(※引用元 THE ANSWER

関連記事

出場選手の登録・抹消、外国人枠…日本シリーズの『ルール』について

出場選手の登録・抹消、外国人枠…日本シリーズの『ルール』について

出場選手登録について、日本シリーズ独特のルールを知らなかったので、まとめてみました。 ① 日本シリーズが始まる前に『40人』の選手名簿を提出。 ② そこから、毎試合ベンチに入る選手(外国人は4人を上限 …

ジェット風船など感染リスク高、ヤクルト傘振り「東京音頭」はOKか

ジェット風船など感染リスク高、ヤクルト傘振り「東京音頭」はOKか

19日に無観客で公式戦が開幕したプロ野球は22日、オンラインで12球団代表者会議を開き、7月10日から観客を入れて開催する方針を決めた。今後は各球場の上限入場者数などを検討する。会議に先立って行われた …

つば九郎、100件超のオファーも…残留決定!ドアラが代理人で登場

つば九郎、100件超のオファーも…残留決定!ドアラが代理人で登場

12年以来2度目のFA宣言をしていたヤクルトの球団マスコット・つば九郎が7日、残留を決断し、都内の球団事務所で契約を更改した。神宮球場内で会見に臨み「50000えん+やくると1000のみほうだい。かつ …