カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

人的補償の長野&内海はFA権保有、1年で流出リスクもメリットは?

2019年1月8日

人的補償の長野&内海はFA権保有、1年で流出リスクもメリットは?

生え抜きベテランがプロテクト漏れも…内海と同様に長野もFA権を保持

巨人は7日、FAで獲得した丸佳浩外野手の人的補償として、長野久義外野手が広島へ移籍すると発表した。昨年12月に、炭谷銀仁朗捕手の人的補償で西武へと移籍した内海哲也投手に続き、生え抜きのベテラン功労者が28人のプロテクトから外れ、他球団に流出することになった。

内海が西武に移籍した際には、FA権を保有していることに注目が集まった。1年後に権利を行使してチームを離れる可能性があるからだが、西武側もこれは折り込み済のこと。渡辺久信SDは「もちろんそこは認識している。でも、彼が1年間しっかり仕事をしてくれれば、移籍することになっても獲得した意味はある」と語っていた。

長野に関しても、これは当てはまる。

2006年の日本ハム、2008年のロッテと2度の指名拒否の末に、2009年に意中の球団だった巨人にドラフト1位で入団した長野。1年目の2010年から続けて活躍しており、すでに海外FA権を取得済み。内海と同じく本人が望めば、1年で権利を行使して他球団へと移籍する可能性がある。

FA権を保持し流出するリスクのある、なおかつ年俸の高額なベテランは一見すると、人的補償としては避けそうなもの。ただ、西武は内海を、広島は長野を選んだ。それは十分なメリットを見越してのことだろう。チームの力を底上げしてくれるであろう力、そして巨人を支えてきた実績、経験、これらももちろんだが、それだけではない。

仮に1年で流出する事態となったとしても…

まず西武だ。炭谷の昨季の年俸は1億5000万円で年俸ランクBと見られる。西武は人的補償の内海を獲得したことに加え、6000万円の金銭補償も得る。そして、内海の年俸1億円は炭谷と同じ年俸ランクBとなる。仮に1年で流出したとしても、再び人的補償による選手と、4000万円の金銭補償(金銭だけなら6000万円)を得ることになる

丸の昨季の年俸は2億1000万円で年俸ランクA。広島はこの補償として人的補償の長野に加えて、1億500万円の金銭補償も得ることになる。そして、長野だ。長野の今季年俸は2億2000万円。こちらも広島では年俸ランクAとなる。仮に1年で移籍となった場合は、人的補償に加えて、1億1000万円の金銭補償(金銭だけなら1億7600万円)を得ることができる。

西武と広島が、内海と長野に戦力となれる力を持っていると判断して獲得したことは間違いないだろう。なにものにも代えがたい実績と経験も2人は持っている。そして、それに加えて、仮に1年で流出する事態となったとしても、新たな人材を人的補償で獲得し、かつ金銭補償も得ることができる点も見逃せないだろう。

(※引用元 Full-Count

関連記事

高橋慶彦氏が語る黄金期の実像「みんな古葉監督と同じ考え方だった」

高橋慶彦氏が語る黄金期の実像「みんな古葉監督と同じ考え方だった」

古葉監督の言葉に奮起「おまえが出てくるか、俺がクビになるか、どっちかだ」 かつて、絶大な実力と人気を誇った高橋慶彦氏がスター選手として活躍していた広島。古葉竹識氏が監督を務めた1975年から85年まで …

V奪還のカギは抑えを誰にするか…俺は九里を推薦するがどうだろう?

V奪還のカギは抑えを誰にするか…俺は九里を推薦するがどうだろう?

先発の頭数はそろってきた 6月28日の中日戦(ナゴヤドーム)で、広島の新人・森下暢仁が初勝利を挙げた。8回まで無失点ながら、9回に3失点で完封、さらに完投も逃したのは残念だったが、まだ今シーズン、12 …

観客制限撤廃も…ガラガラ、一体なぜ?「応援の醍醐味失われたまま」

観客制限撤廃も…ガラガラ、一体なぜ?「応援の醍醐味失われたまま」

新型コロナウイルス感染対策による観客制限が撤廃された今シーズンのプロ野球。しかし、肝心の客入りは伸び悩んでいる。 2022年4月21日までの平均観客数は、コロナ前のシーズンの7割程度。特にパ・リーグで …