カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

長野以外に巨人ベテランがリスト漏れ、カープ『ポロリ発言』の波紋…

2019年1月10日

長野以外に巨人ベテランがリスト漏れ、カープ『ポロリ発言』の波紋…

28人のプロテクトリストから漏れた大物は他にもまだいたようだ。

巨人にFA移籍した丸の人的補償として長野久義(34)を獲得した広島の緒方孝市監督(50)が9日、マツダスタジアムを訪問。

松田オーナーへの新年の挨拶を終えると、「実績もあるし、力もある。優勝、日本一に向けて期待するところは大きい」と報道陣の取材に応じたのだが、巨人ナインに波紋が広がったのは、同日にスポーツ報知が緒方監督のこんなコメントをデジタル版で配信したからである。

<若い選手はほとんどプロテクトされていたが、長年巨人で働いていた選手はかなりリストから漏れていた。そこ(ベテラン)に絞るか、若いがプロテクトから外れた選手にするかという話をしていた。最後、誰にするか球団に一任した>

巨人のチーム関係者がこう言う。

「リスト漏れしていたという『長年巨人で働いていた選手』が誰なのか。『長年』とすれば該当する選手はそう多くない。すぐさま選手が、阿部慎之助や亀井、沢村なんかの名前を囁き合う状況です。内海と長野が流出しただけに、あり得ない話ではありませんから」

ただでさえ、ベテランを切り捨てながら、若返りを図るでもなく、36歳の中島、37歳の岩隈といった他球団を戦力外となったロートルを引き入れるオフの補強には、主導する原監督に対して複雑な思いを抱く選手が少なくない。内海と長野のリスト漏れだけでもチーム内に動揺が走っているのに、他にも生え抜きの看板選手が流出の危機にさらされていたとすればその波紋は小さくない。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

巨人の下剋上を許さぬカープの凄み、四球数とベンチワークが両者の差

巨人の下剋上を許さぬカープの凄み、四球数とベンチワークが両者の差

同じような負け方をシーズン中に何度も見た。終盤の逆転劇は今季の広島の得意芸であることはいうまでもない。 だからこそ巨人・高橋由伸監督は思い切った決断で、試合の主導権を握ろうとしたのである。 「僕の中で …

石井&河田コーチ、カープ3連覇に太鼓判!CS敗退にショック隠せず

石井&河田コーチ、カープ3連覇に太鼓判!CS敗退にショック隠せず

今季限りで広島を退団する石井琢朗打撃コーチ(47)と河田雄祐外野守備走塁コーチ(49)が25日、あいさつや荷物整理のため、マツダスタジアムを訪れた。 CS敗退から一夜明け、ショックを隠せない様子だった …

黒田博樹氏の引退から2年――、カープに次の『エース』は出てくるか

黒田博樹氏の引退から2年――、カープに次の『エース』は出てくるか

今、あらためてあの背番号15の背中の大きさを感じさせる。 ’18年セ・リーグペナントレース序盤、今年も2連覇中の広島が主役を演じている。ただ勝率や順位とは別に、危うさもはらんでいる。 今季 …