カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

丸が長嶋さんのラブレターに「感激」、自主トレで明かした移籍秘話!

2019年1月11日

丸が長嶋さんのラブレターに「感激」、自主トレで明かした移籍秘話!

広島から国内フリーエージェント(FA)権を行使して巨人入りした丸佳浩外野手(29)が10日、川崎市のジャイアンツ球場で自主トレーニングを開始した。室内練習場では約2時間の練習のうち、1時間を打撃練習に費やし、いきなり計296スイング。今季の全試合出場とチームの日本一達成を宣言した。

さらに、FA宣言後に同じ千葉出身の長嶋茂雄終身名誉監督(82)から手紙で巨人入りの後押しを受けていたことも明かした。

外気温は4度。いてつく寒さの中、丸が新天地で始動した。約50人の報道陣が集結し、静寂の室内練習場には29歳が奏でる快音と、カメラのシャッター音だけが響いた。

「まだまだ不安とドキドキ。毎年のことなんですけど、そういう気持ちがいろいろ出てくる時期なので、しっかりと地に足をつけて、やっていければと思います」

今年の初振りから、いきなり全開だ。午前9時に球場入りすると約30分間のストレッチやキャッチボールの後に、ジャージーの上着を脱ぎ捨てた。真冬の練習場で半袖、半ズボン。隣で練習する新人を見て「僕もある意味、新人みたいなものなので、初心に立ち返ってやっていけたら」と黙々とバットを振った。

まずはティー打撃。片手や、握りを上下逆にするなどして80スイング、さらに打撃用マシンで216スイングと約1時間で計296スイング。2017、18年に2年連続でリーグMVPに輝いた男は、新天地でも圧倒的な練習量を披露した。「まだまだ自分のイメージとポジショニングにばらつきがあるので、まずはしっかりと自分の中で良いバランスを体に染みこませたい」と今後もジャイアンツ球場を中心に振り込みを継続する。

古巣・広島か、憧れの巨人か、地元のロッテか。昨年11月、悩み抜いた丸の背中を押してくれた人がいた。長嶋終身名誉監督だ。FA宣言後、ミスターが『一緒に野球ができたら僕としてもうれしい』と記した手紙が届いたことを明かした。

丸は勝浦市(千葉経大付高)、長嶋終身名誉監督は佐倉市(佐倉一高)出身。幼少期に東京ドームで巨人戦を観戦した際に指揮を執っていた同郷の大先輩から届いたサプライズに「すごく感激しましたし、うれしかった」と胸が高鳴った。

自身の人的補償で広島に移籍した長野とも先日、連絡を取ったという。驚きは隠せなかったが「すぐに電話して、お話はしました」と互いの健闘を誓い合った。

広島時代はピンクがトレードマークだったが、G戦士の証しとしてオレンジの差し色が入った打撃用グラブも新調した。昨季こそ、右太もも裏の負傷で18試合に欠場したが、14-17年は全試合に出場している。「143試合、全試合出場というのは、僕の中で野球選手としての数少ないこだわりでもあるので達成できるように。優勝、日本一に少しでも貢献できるように」と決意は固い。寒空の下、巨人の丸が熱い思いでスタートを切った。

(※引用元 サンケイスポーツ

関連記事

イチローが事実上引退!マ軍と異例の生涯契約、特別アドバイザー就任

イチローが事実上引退!マ軍と異例の生涯契約、特別アドバイザー就任

マリナーズのイチロー外野手(44)が球団と特別アドバイザーの契約を結び、選手としては今季の残り試合は出場しないことが分かった。球団と生涯契約を結び、来季以降は試合出場も可能。3日(日本時間4日)に発表 …

語り草・江夏の21球、衣笠氏「お前がやめるならオレもやめてやる」

語り草・江夏の21球、衣笠氏「お前がやめるならオレもやめてやる」

プロ野球広島の内野手で、国民栄誉賞を受賞した衣笠祥雄(きぬがさ・さちお)氏が、23日夜に上行結腸がんのため東京都内で死去したことが24日、分かった。71歳だった。 衣笠氏の広島時代の同僚だった江夏豊氏 …

赤松「ゆっくり焦らずに」、大腸がん公表の阪神・原口へサポート約束

赤松「ゆっくり焦らずに」、大腸がん公表の阪神・原口へサポート約束

広島赤松真人外野手が25日、大腸がん発症を公表した阪神原口文仁捕手に自身の経験を重ね、できる限りのサポートを約束した。 「見つかったというのが一番だと思う。まずは治療に集中してほしい。ゆっくり焦らずに …