カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

堂林、石原&會澤が護摩行!直後に、新井氏が電話でゲキ「もっと…」

2019年1月12日

堂林、石原&會澤が護摩行!直後に、新井氏が電話でゲキ「もっと…」

広島・石原慶幸捕手(39)、会沢翼捕手(30)、堂林翔太内野手(27)が12日、鹿児島市の最福寺で恒例の護摩行を敢行した。燃えさかる炎に顔をゆがめ、大声で経を唱えながら90分にわたって格闘した。

長らく石原と、昨季限りで引退した新井貴浩氏(41)が2人で行っていたが、会沢と堂林も17年から3年連続の参加。

「13回目」という石原は、長年の“パートナー”不在にも「それどころじゃない。自分のためにやっているので。新井さんが抜けて最年長になる。新たな挑戦、『チャレンジ』をテーマに1年間やっていきたい」と真っ赤な顔で気持ちを奮い立たせていた。

行を終えた直後、池口恵観大僧正(82)のもとに、くしくも新井氏から電話がかかってきたという。

大僧正は「『もうちょっと鍛えてください。しっかり鍛えて自分の仕事ができるよう、頑張れるようにしてください』と言ってましたね」と、鯉の精神的支柱だった同氏が後輩たちにゲキを飛ばしたことを笑顔で打ち明けた。

さらに「(新井氏自身は)『今年は一番暑い夏にやらせてください』と言っていました。夏は大変ですよ」と現役中は不可能だった“最難関レベル”の護摩行を志願する新井氏を歓迎していた。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

最速154キロ右腕、強打の高卒捕手…カープ、ブレイク期待の5選手

最速154キロ右腕、強打の高卒捕手…カープ、ブレイク期待の5選手

トミー・ジョン手術から復活の兆しを見せる床田、最速154キロ右腕の長井 昨季は3年連続でセ・リーグ覇者となった広島。34年ぶりの日本一を目指したが惜しくもソフトバンクに敗れた。2年連続MVPの丸がFA …

今季ダメなら、引退…胃がん摘出手術をした赤松、自ら語った『覚悟』

今季ダメなら、引退…胃がん摘出手術をした赤松、自ら語った『覚悟』

広島赤松真人外野手(36)が13日、今季ダメなら引退の覚悟を示した。広島・廿日市市の大野練習場で自主トレを実施。引き際について「戦力になれないのであれば、コンディションがよくても覚悟はある」と踏み込ん …

新井、黒田さんに相談「えっ、ほんまか?それが第一声でした」/引退

新井、黒田さんに相談「えっ、ほんまか?それが第一声でした」/引退

広島の新井貴浩内野手(41)は5日、マツダスタジアムで会見を行い今シーズン限りで引退することを発表した。 以下は一問一答。 (あいさつ) 「今シーズン限りで現役を引退することに決めましたので、報告させ …