カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

V4へ、長野獲得で得る『財産』…生きた教材で、投手陣にも好影響?

2019年1月14日

V4へ、長野獲得で得る『財産』…生きた教材で、投手陣にも好影響?

人的補償で巨人から広島へ、対戦した印象や相対した打者にしか分からない癖も?

巨人にFA移籍した丸佳浩外野手の人的補償として広島へ移籍する長野久義外野手。

7日の発表から数日が経ったが、過去にドラフトで他球団の指名を2度も拒否するなどジャイアンツ愛あふれるベテランのプロテクト漏れと移籍劇は世間に衝撃を与えた。

広島では外野のレギュラーを掴み、V4の使者として躍動することが期待される。2011年に首位打者、12年に最多安打を獲得するなど実績豊富な長野の加入はチーム内に好影響を与えそうだ。

投手陣は昨季、長野に打率.308、2本塁打、10打点と打ち込まれたことを考えれば、チームメートとなるだけでも好材料となる。

それだけではない。

先発陣ではエースの大瀬良大地は7打数無安打、ジョンソンは8打数1安打に抑えたが、昨季開幕投手ながらも故障などで7勝止まりに終わった野村祐輔は11打数4安打、岡田明丈は8打数で1本塁打を含む3安打2四球、九里亜蓮は5打数3安打だった。

リリーフ陣では今村猛が2打数で1本塁打を含む2安打、守護神の中崎翔太は6打数2安打。対戦した印象や相対した打者にしか分からない癖など、ベテランの安打製造機は生きた教材となりそうだ。

チーム防御率4.12はリーグ3位、チーム651失点はリーグ4位だった。投手陣の成績アップはリーグV4、悲願の日本一へ直結する。19年のカープ投手陣が長野情報をどう生かすのかも注目だ。

(※引用元 Full-Count

関連記事

北別府氏、長野の和やかな会見に感銘「カープファンの心を掴んだな」

北別府氏、長野の和やかな会見に感銘「カープファンの心を掴んだな」

広島ひと筋で通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(61)が23日夜に自身のブログを更新。巨人へFA移籍した丸佳浩外野手(29)の人的補償として広島入りした長野久義外野手(34)の人間性 …

あの日の涙は、かわいたのか?野球選手としては優しすぎる『大瀬良』

あの日の涙は、かわいたのか?野球選手としては優しすぎる『大瀬良』

優しいと言われてしまう選手 大瀬良大地は笑顔と泣き顔の選手だ。真反対の表情が同じ重さで存在する。 ドラフトで1位指名をされた時の笑顔。そのあとドラフト特番でインタビューを受ける笑顔。お立ち台での笑顔。 …

誰もやらなかったカープ「脱常識メソッド」①市民球団という強み

誰もやらなかったカープ「脱常識メソッド」①市民球団という強み

山本浩二や衣笠祥雄らを擁した「赤ヘル黄金時代」にも成しえなかった、球団史上初のリーグ3連覇を果たした広島カープ。巨人や阪神の“体たらく”もあり、今やセ界最強球団にまで上り詰めた。その過程には、他球団が …