カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

今季ダメなら、引退…胃がん摘出手術をした赤松、自ら語った『覚悟』

2019年1月14日

今季ダメなら、引退…胃がん摘出手術をした赤松、自ら語った『覚悟』

広島赤松真人外野手(36)が13日、今季ダメなら引退の覚悟を示した。広島・廿日市市の大野練習場で自主トレを実施。引き際について「戦力になれないのであれば、コンディションがよくても覚悟はある」と踏み込んだ。

17年1月に胃がんの摘出手術を受け、過酷な抗がん剤治療を乗り越えてきたが、今季は37歳のシーズン。進退をかけ、奇跡の1軍出場を狙う。

赤松の口から漏れたのは「覚悟」だった。今季について語るうち、自ら「引退というのもあるし…」と切り出した。「(来年以降も)やりたいのはやりたいけど、戦力になれないのであれば、覚悟はあります」。昨季ウエスタン・リーグ全日程を終えた際に「ラスト1年。その気持ちで闘いたい」と話しているが、引き際にここまで踏み込むのは初めてだ。

17年1月に胃がんを摘出した。リンパ節に転移が見つかり、同7月まで抗がん剤治療を続けた。生き残れるのか。それしか考えられなかった。昨年2軍戦で復帰したが1軍出場はならず。オフに減額制限いっぱい、25%ダウンの推定年俸2025万円で契約更改した。

全盛期の肉体でない。先日も梅干し1個を胃が受けつけず、嘔吐(おうと)した。1カ月に1度の検診、3カ月に1度のCTスキャンを受ける。年に1度は胃カメラをのむ。それでも悲壮感は見せない。「手術した分、どこかでマイナスがある。補えばいいんです」と笑いとばす。

代走、守備固めのスペシャリストになる。「代走、守備はごまかしが利く。(投球フォームを)盗んでしまえば走れる。打者を見れば守備位置を変えられる。それができるのがベテラン。なんとかできるんじゃないかと思う」。かつては巧打を誇ったが「今の自分にはヒットなんでどうでもいい」。1軍でどう働くかだけを考えている。

一方で、これ以上ない手応えを感じてもいる。この日はキャッチボール、ティー打撃、室内フリー打撃で軽快な動きを見せた。「(動きがよくて)誰も僕が病気をしたと思わなくなったので、自分から言うようにしている」と、ジョークも口をつく。胃がん摘出手術を経て1軍の舞台に戻った例はない。背水の赤松が、奇跡の復活劇を完成させる。簡単に現役をあきらめるつもりはない。(村野森)

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

再び激震…誠也・長野ら5選手含む、計7人が新型コロナウイルス陽性

再び激震…誠也・長野ら5選手含む、計7人が新型コロナウイルス陽性

コロナ禍に揺れるカープに、再び激震が走った。 広島は20日、鈴木誠也外野手(26)、長野久義外野手(36)、大盛穂外野手(24)、石原貴規捕手(23)、羽月隆太郎内野手(21)の選手5人、朝山東洋打撃 …

菊池涼介「9すれば通ず」、守備範囲はそのままで9年目に無失策達成

菊池涼介「9すれば通ず」、守備範囲はそのままで9年目に無失策達成

シーズンオフ恒例「ヨネちゃんのおシャレ野球学」。野球取材歴40年超の米谷輝昭記者が、だじゃれを駆使しながら意外なデータやエピソードを紹介します。 無失策をどこまで続けるのか。広島菊池涼介二塁手(30) …

新型コロナ陽性の羽月、正随、石原も隔離終了…計7人が『活動再開』

新型コロナ陽性の羽月、正随、石原も隔離終了…計7人が『活動再開』

広島は31日、新型コロナウイルス陽性と判定されていた羽月隆太郎内野手、正随優弥外野手、石原貴規捕手が管轄保健所の指示による隔離期間を終了し、活動を再開すると発表した。チームには合流せず、当面は自主練習 …