カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

大瀬良、タレント・浅田真由と結婚!サプライズイベントでプロポーズ

2019年1月16日

大瀬良、タレント・浅田真由と結婚!サプライズイベントでプロポーズ

愛妻、愛犬と4連覇じゃ!広島大瀬良大地投手(27)がタレントの浅田真由(28=広島市出身)と結婚することが15日、分かった。昨年12月にプロポーズし、約2年間の交際を実らせた。すでに広島市内で同居しており、シーズン開幕までに婚姻届を提出する。昨季は15勝でリーグ3連覇に導き、最多勝&最高勝率の2冠を達成。一家の大黒柱となる今季も4連覇から悲願の日本一へ、右腕を振り続ける。

舞台は「夢の国」。昨年12月中旬、大瀬良が仕掛けたサプライズイベントは無事成功した。浅田との旅行を計画し、ディズニーシーで婚約指輪をプレゼント。その左手薬指に指輪をはめて「ホッとしました」。満を持してのプロポーズには、表現しきれないほどの感謝が詰まっていた。

大瀬良 ケガの時もそうでしたけど、僕自身、いい時も悪い時もあった。そんな悪い時にこそ親身になって、僕と同じ悲しみや悔しさ、苦しさを共有してくれた。むしろ僕よりも悔しそうにしてくれて、いつも頑張ろうと思わせてくれた。

浅田は広島を中心に活動するタレント。大瀬良とはもともとカープ関連の仕事で面識があり、共通の友人の紹介で本格的に知り合った。初対面で大瀬良が「話していて楽しいな」と好感を持てば、浅田も「すごく礼儀正しくて真面目そう」と好印象。17年早春には交際へ発展した。

当時、大瀬良は苦悩していた。16年は右肘痛で前半戦を棒に振り、主に中継ぎで17試合登板どまり。17年2月には宮崎・日南キャンプで右脇腹を痛め、なんとか開幕ローテに滑り込んだ。「あのころは正直、自分のことで精いっぱいだった。そんな時も支えてくれました」。その笑顔に救われた回数は数え切れない。

大瀬良 ずっと元気でよく笑う人がいいなと思っていたんですけど、彼女は本当にちょっとしたことでもよく笑ってくれる。そこに元気をもらっていました。

17年シーズン中に同居を開始。「この栄養素がほしいと言ったら、摂れる食材の小鉢を用意してくれたり…」。大学の管理栄養学科を卒業した浅田に支えられ、17年に10勝、昨季は15勝でエースに成長した。

もっぱらの楽しみは愛犬の散歩タイムだ。17年冬からはポメラニアンの「こまち」も同居。浅田は「負けて帰ってきても、こまちが駆け寄ると笑顔になります」と笑う。穏やかな私生活は投球にプラスの影響をもたらし、必然の流れで2人は結婚に至った。

大瀬良 家族ができた。より一層頑張らないといけない。気負いすぎず自分らしく一生懸命頑張ります。

主砲丸が抜けた今季、14番にかかる期待は昨年以上に大きくなる。常勝軍団のエース、そして一家の大黒柱として、大瀬良は19年も白球に闘志を乗せる。

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

鈴木誠也に「センター返し」の意図直撃/データ計測、その裏側を探る

鈴木誠也に「センター返し」の意図直撃/データ計測、その裏側を探る

広島のさまざまなデータを計測し、その裏側を探っていく日刊スポーツの不定期連載「カープ観測」。 今回は昨季セ・リーグ首位打者と最高出塁率を獲得した鈴木誠也外野手(25)が、5日にマツダスタジアムで実施し …

誠也、劇弾10日前には仲間とこんなことしてました!癒されます…笑

誠也、劇弾10日前には仲間とこんなことしてました!癒されます…笑

5月5日、こどもの日。広島―巨人戦(マツダ)の試合前練習のヒトコマです。集合時間ギリギリに長野を先頭に現れた一団が、サングラス隆盛の時代に珍しくアイブラックを塗って登場。周囲の選手の反応がおかしかった …

石原、14度目の護摩行「もう一人の自分に勝つ」會澤、小窪、堂林も

石原、14度目の護摩行「もう一人の自分に勝つ」會澤、小窪、堂林も

広島・石原慶幸捕手(40)、小窪哲也内野手(34)、会沢翼捕手(31)、堂林翔太内野手(28)が9日、鹿児島市の最福寺で恒例の護摩行を敢行した。 燃えさかる炎に顔をゆがめ、大声で経を唱えながら90分に …