カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

4連覇へ、外国人起用法は?レグナルト&ローレンス加入で7人態勢に

2019年1月25日

4連覇へ、外国人起用法は?レグナルト&ローレンス加入で7人態勢に

広島の新助っ人・カイル・レグナルト投手(30)とケーシー・ローレンス投手(31)が25日、マツダスタジアムで入団会見に臨み、今季の抱負を語った。

新外国人レグナルトとローレンスが加入し、広島の助っ人は野手2人、投手5人の計7人態勢となった。今季も1軍の外国人4枠は「野手1、投手3」が有力。日本人選手と同じように、助っ人の競争も激しく、野手は昨季1軍で25本塁打を放ったバティスタ、2軍で三冠王に輝いたメヒアの一騎打ちとなる。

投手は5人で3枠を争う。来日5年目を迎えるジョンソンは1軍が決定的だ。16年に沢村賞に輝くなど実績は十分。昨季も11勝を挙げ、佐々岡投手コーチは先発ローテ入りを明言している。フランスアも当確だろう。昨年はシーズン途中からブルペンの救世主的な活躍を見せ、3連覇に大きく貢献した。今季もセットアッパーとして重宝されそうだ。

残り1枠を巡ってレグナルト、ローレンス、ヘルウェグが火花を散らす。球団関係者によると、新外国人2人は基本的に先発要員。見通しが立てば1軍枠を有効活用するため、登録と抹消を繰り返す起用法も選択肢にあるようだ。そうすれば、昨季終盤に存在価値を高めたヘルウェグの1軍登板が可能となる。

新助っ人2人は気合十分だ。アメリカでは主にリリーフだったという左腕レグナルトはオフ期間もキャッチボールを続け、「先発を視野に入れて過ごしてきた」と力を込めた。昨季エンゼルス大谷を無安打に封じた右腕ローレンスも「日本のキャンプに合わせて、例年より早く調整を始めた」と新天地にかける覚悟を口にしていた。

143試合、長丁場のペナントレース。打線の状態次第では「野手2、投手2」のケースも考えられる。選手の調子やコンディションを見極めて、助っ人の力を最大限に生かすことができるか、首脳陣の腕の見せ所だ。

(※引用元 デイリースポーツ

関連記事

石原「納得」の3000万減、出場機会100試合届かず1億円下回る

石原「納得」の3000万減、出場機会100試合届かず1億円下回る

広島の石原慶幸捕手が30日、マツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、3000万減の9000万円にサインした。 今季は77試合に出場し打率・204、1本塁打、12打点。会沢がスタメンマスクをかぶることが多 …

新外国人・『左腕』レグナルトとの契約合意を発表、背番号は「58」

新外国人・『左腕』レグナルトとの契約合意を発表、背番号は「58」

メジャー登板なし、今季は3Aで48試合にリリーフ登板 広島は16日、来季の新外国人としてメッツ傘下3Aのカイル・レグナルト投手と契約が合意に達したと発表した。レグナルトは身長188センチ、103キロの …

菊池、侍J合宿でFA交渉は異例の電話会談?「会う期間もないかな」

菊池、侍J合宿でFA交渉は異例の電話会談?「会う期間もないかな」

「あまりカープと話が出来ていないのが事実なので(球団幹部に)電話しておきます」 今季中に国内フリーエージェント(FA)権を取得した広島の菊池涼介内野手は24日、宮崎・宮崎市の木の花ドームで報道陣の取材 …