カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

北別府氏、長野の和やかな会見に感銘「カープファンの心を掴んだな」

2019年1月27日

北別府氏、長野の和やかな会見に感銘「カープファンの心を掴んだな」

広島ひと筋で通算213勝をマークしたプロ野球解説者の北別府学さん(61)が23日夜に自身のブログを更新。巨人へFA移籍した丸佳浩外野手(29)の人的補償として広島入りした長野久義外野手(34)の人間性にいたく感銘を受けたことを明かした。

長野は23日にホームのマツダスタジアムで行われた移籍会見で冒頭あいさつの際に言葉に詰まり、入場からやり直す「テーク2」を敢行するなど終始和やかムード。

これを見ていた北別府さんは「長野選手の和気あいあいとした会見。何ともポジティブな良い選手だな」とし、「度胸もあるよね。私なんか万が一、カープから他球団に行っていたらシーズンが始まって結果を残せるまで笑顔なんて出てこなかっただろうと思いますよ」と終始笑顔だった長野の度胸と人間性に舌を巻いた。

「カープにこれ程、好印象を持ってくれてありがとう!!」とカープひと筋のOBとして感謝した北別府さんは「この会見でカープファンの心を掴んだな」とニンマリ。「余談ですが、この長野選手。広島ホームテレビの西田隆人アナウンサーとそっくりです」とコアな情報も提供していた。

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

【侍J金メダルへの道】管理栄養士をうならせた鈴木誠也の『成長力』

【侍J金メダルへの道】管理栄養士をうならせた鈴木誠也の『成長力』

世界と戦う侍ジャパン全世代を支えるのが、「栄養サポートパートナー」のザバスだ。株式会社「明治」は、14年にオフィシャルパートナーとして取り組みを始め、同社のプロテインブランド・ザバスが栄養面を全面サポ …

北別府学さんは、キャッチボール投法だった!【川口和久コラム】

北別府学さんは、キャッチボール投法だった!【川口和久コラム】

針の穴を通すコントロール 俺がカープに入ったのは1981年だけど、当時の若手の筆頭格と言えば、投手が北別府学さん、野手が高橋慶彦さん。2人とも、まだ三篠寮にいて、2人だけが1人部屋で、ほかは2人部屋だ …

誠也の『飢餓感』…目指すは「10割・200本塁打・1000打点」

誠也の『飢餓感』…目指すは「10割・200本塁打・1000打点」

今年の広島キャンプでよく耳にした表現方法がある。「打球音が違う」。オープン戦3試合を含め、2月の対外試合7試合で5勝1敗。56得点と打ちまくった広島打線の中でも、主砲の鈴木誠也は段違いな打撃を見せつけ …