カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

堂林、サード再挑戦!首脳陣に直訴へ「正直、今までモヤモヤあった」

2019年1月28日

堂林、サード再挑戦!首脳陣に直訴へ「正直、今までモヤモヤあった」

広島・堂林翔太内野手(27)が27日、三塁再挑戦へ意欲を示した。宮崎県日南市内で行われている先乗り自主トレから本格的に着手し、この日は特守を敢行。16年を最後に出場のないかつての本職で、出場の可能性を広げていく。

強い決意が行動に表れていた。

堂林は特打を終えると、天福球場の室内練習場へ。三塁に就き、自前のタブレットで動画を撮影しながら約20分、野間のノックを受け続けた。プロ10年目、かつての本職再挑戦へ「もう一つさらに幅を広げるために、やりたい気持ちは強い」と並々ならぬ覚悟をにじませた。

三塁での出場は16年が最後。スローイングに課題があった中で一度は身を退き、17年からは一塁と外野での出場、昨秋キャンプでは二塁にも挑戦していた。その中で、今年に入り一大決心。「自分で一回やめた。でも、自分でもう一回やりたい気持ちを伝えるのはありかと思う。正直、今までモヤモヤはあった」と、キャンプインの時点で首脳陣に思いを伝える意向だ。

昨季63試合に出場したが、先発は7試合。一塁には松山ら好打者がそろい、外野には巨人から長野も加入。レギュラー不在の三塁で安部らとの争いに入り、出場の可能性を高めていく。

先乗り自主トレから本格的に始めた中で、まず重点を置くのはスローイングの改善だ。特に意識するのは下半身。「いい意味で横着に。どうしても縮こまっちゃう部分がある。そこを打破しないとできるとは思ってない」と言う。

打撃面でも、昨秋から足の上げ幅を小さくした新フォームに手応えを示しつつある。「2月1日から、ヨーイドンでアピールしなければいけない立場。1年間1軍に居続けられるように、チームの力になれるように」。勝負の年、鯉のプリンスの目はギラついている。

(※引用元 デイリースポーツ

関連記事

今季ダメなら、引退…胃がん摘出手術をした赤松、自ら語った『覚悟』

今季ダメなら、引退…胃がん摘出手術をした赤松、自ら語った『覚悟』

広島赤松真人外野手(36)が13日、今季ダメなら引退の覚悟を示した。広島・廿日市市の大野練習場で自主トレを実施。引き際について「戦力になれないのであれば、コンディションがよくても覚悟はある」と踏み込ん …

【菊池涼介ってこういう男(下)】あれもこれも欲しがらないバランス

【菊池涼介ってこういう男(下)】あれもこれも欲しがらないバランス

親友3人覆面座談会(下) 広島のセ・リーグ3連覇の原動力となった菊池涼介内野手(28)。その素顔を親友3人が素顔を明かす集中企画最終回。(構成・山戸英州) --菊池選手はどんな人物か B「誰よりも気遣 …

新守護神・フランスア、『圧巻』の初セーブも指揮官は「中崎待ち」?

新守護神・フランスア、『圧巻』の初セーブも指揮官は「中崎待ち」?

1点リードで迎えた最終回。いつもなら、広島ファンの胃がキリキリする点差だが、9日のソフトバンク戦は違った。“新守護神”の名前がコールされると、マツダスタジアムは大歓声。その期待に応えて、左腕のフランス …