カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

あいさつをちっちゃい声で言ったこと…/カープ・小園のインタビュー

2019年2月5日

あいさつをちっちゃい声で言ったこと…/カープ・小園のインタビュー

広島ドラフト1位の小園海斗内野手(18=報徳学園)はキャンプ初の休日となった4日、日刊スポーツの「1番星インタビュー」に応じ、「1番」をキーワードに第1クールを振り返った。

5日からの第2クールに向け自らの立ち位置を見定め、改めて1軍生き残りを掲げた。この日はドラフト2位・島内颯太郎投手(22=九州共立大)、6位・正随優弥外野手(22=亜大)と日南市でいちご狩り、うなぎのつかみ取りも体験した。

-一番驚いたことは

小園 今までテレビで見ていた選手が目の前でプレーをしていたこと。野球をやってきた中で、一番のうれしさ。プロに入ってよかったなと思いました。

-一番の手応えは

小園 バッティングですかね。ミスショットがちょっとずつ減ってきた。今までトップがバラバラでしたが、きちんとできているときと、できていないときで、打球(の質)が違うことがわかりました。(東出コーチに)自分の悪いところを言っていただいた。ありがたいですし、いい方向に持っていきたい。

-一番苦手なものは

小園 サインプレーのサイン。多いんです。ショートなのでランダウンプレーのサインも覚えないと。動きの中でわからないことがある。わかっていても動けていない。早く覚えて、野球に集中したいです。

-一番恥ずかしかったことは

小園 (初日の)あいさつをちっちゃい声で言ったこと。上本さんに「大きい声で言え」って言われて、言い直そうとしたら上本さんが代わりに…(「田中さんからレギュラーを奪います!」と勝手に大声で宣言)。

-一番譲れないことは

小園 (キャンプ前のように)守備と言いたいんですけど、まだまだ言えるほどのところまで来ていないんで。周りの選手は想像していたよりすごかった。守備もそうですけど、バッティングがぜんぜん違います。打球が鋭い。早く力をつけていきたいなと。

-一番好きな先輩は

小園 1人は選べないです。田中(広)さんであったり、菊池(涼)さんであったり。背番号をいただいた鈴木さんであったり。先輩としても野球人としても好きです。

-ユニホームは赤いストッキングを見せるクラシックスタイル。着こなしで一番のこだわりは

小園 こだわりはないんですよね。先輩からは(ズボンが)長いのをはきたいと思わないの? と聞かれましたけど(高校までと同じ)そのままでいいや、と。長いのもかっこいいと思ったけど、急に感覚が変わるのがいやだったんです。膝が曲がりにくいイメージがあって、生地は伸びるとは思うんですが…。感覚も変わってくるんで、このままでいいです。

-キャンプで一番楽しみにしていることは

小園 オフですかね。野球がしたくないわけではまったくないですけど、ゆっくりしたり、食事したりするのが楽しみ。(母こずえさんが第1クールを見守っていたが)食事はいっしょにできなかった。13日に卒業式で帰ったときに手料理を食べたい。

-一番工夫していることは

小園 3日に自転車を買いました。練習後、(ドラフト6位の)正随さんとタクシーで10分ぐらいのところで買って、15分ぐらいこいで帰ってきた。球場までの移動の時間がもったいないんで。

-一番好きな手料理は

小園 だいたい、肉です。けっこう(量を)多くしてくれるので、それがうれしい。

-一番負けたくない人は

小園 (ロッテ・ドラフト1位で枚方ボーイズの同期)藤原です。どっちがヒット打ったかとか、中学のときからやっていた。ジャパンでもやってました。(ともに2年から選ばれ)2年連続僕が打率1位で、あいつが2位。でも、あいつはホームランを打ちたいと思っているはずなのに、打率も高いのがすごい。

-一番の目標は

小園 開幕1軍。1軍に定着できるようにしたいです。

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

今村が通算『100ホールド』を達成、プロ野球史上27人目!

今村が通算『100ホールド』を達成、プロ野球史上27人目!

「ヤクルト-広島」(5日、神宮球場) 広島・今村猛投手がプロ野球史上27人目となる通算100ホールドを達成した。 2点リードの七回に登板。先頭の奥村を空振り三振に取ると、広岡を左飛、中村を三ゴロに抑え …

黒田→マエケン→大瀬良、節目28歳を迎えエースとして自覚を新たに

黒田→マエケン→大瀬良、節目28歳を迎えエースとして自覚を新たに

28歳の誓い。広島大瀬良大地投手(28)が年を1つ重ね、自覚を新たにした。 初めて開幕投手を務めた今季は、大黒柱としてチームを勝利に導いてきた。防御率、完投数はいずれもリーグトップ。エースと呼ばれるま …

取材にもにじむ『新井さん』の人柄…記者にドッキリ、アイドル談義も

取材にもにじむ『新井さん』の人柄…記者にドッキリ、アイドル談義も

今月上旬、25日発売の「新井引退特集号」の企画で、新井さんを取材した。プロ20年間を振り返るインタビューは2時間近く続いたが、1年1年、懐かしそうに、当時の記憶を呼び起こしてくれた。 現役生活を振り返 …