カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

【菊池涼×新井氏、特別対談②】グラウンド外でも『長男』の役割を!

2019年2月9日

【菊池涼×新井氏、特別対談②】グラウンド外でも『長男』の役割を!

広島の菊池涼介内野手(28)と昨季限りで現役を引退したデイリースポーツ評論家で前広島の新井貴浩氏(42)が4日、春季キャンプ特別対談に臨んだ。ナインはチームを「家族」という言葉で表現する。昨季までの長男と“新長男”とが、3連覇を成し遂げ、今季4連覇の偉業に挑む強さの源などを熱く語り合った。

-菊池涼選手はチームのまとめ役も率先している。

新井「キクに全部を背負わせるのはみんなないと思うけど、キャプテンシーを発揮してもらわないといけない選手。グラウンド内はもちろんだけど、その外でも少しずつやることは多くなってくる。でもできるし、期待もされている」

菊池涼「今年の最初から言ってるけど、首脳陣も変わっているし、その間を詰めるのがまずは最初の仕事だと思ってます。さらに長野さんが来ることになった。先乗り自主トレに来てもらいましたけど、一番初めにしゃべられるのは僕とかまっちゃんとか、1軍でプレーしている人に限れるかなと。何とかフォローできればと思ってずっとやれたし、その延長でキャンプ初日の練習前の円陣では声だしをやってもらいました」

新井「そうなん?」

菊池涼「人柄が良いので心配していなかったけど、僕たちが気を使ってしまったら、後輩たちもそうなるかもしれない。お客さまみたいな感じになってしまうのは嫌なので、そこは意識しました。だから一緒にいるようにもしました。もうチームの一員ですから」

新井「キクは誰もが認める立派なプレーヤーであるのは間違いない。数字的な結果を残すことがプロとして大切なことだけど、キクに求められるのは、グラウンド外のところもある。いろんなところに目配り、気配り、心配りができているから周囲が頼りにしている。どんどん自分から発信してやっていけば、僕はすごく良いと思う」

-菊池涼選手個人について、キャンプは順調ですか。

新井「結構良い?」

菊池涼「足がめちゃくちゃ動きます。食事を制限しているので、それで楽なんです」

新井「小麦類を制限するグルテンフリーをやっているんだっけ?」

菊池涼「全部じゃないですけどね。去年の12月に自主トレ先のロサンゼルスでやっていたのを継続しています。日南のケータリングでうどん、ラーメン、ちゃんぽんとかが出ますけど食べてないです」

新井「元々、麺が好きだよね」

菊池涼「大好きです。うどんとかそば、大好きです」

新井「最初はしんどかった?」

菊池涼「マジかよ、食べたいなって思いました」

新井「継続することで体調管理はうまくいくね」

菊池涼「ロサンゼルスで借りた家の、知り合いの人が、トライアスロンをやられていた女医の人だったんです。その人に揚げ物とか小麦系は胃を荒らすだけだからパフォーマンスが落ちるよって言われました。試合前のケータリングは、麺よりご飯にしなさいとも言われて。できる範囲で頑張ってみますと約束したんです」

新井「トライアスロンってすごいもんね」

菊池涼「全部が全部、正解じゃないけど、パフォーマンスは確実に上がりますと言われたんです。胸にぐさっと来ました」

新井「体は動くんだね」

菊池涼「自主トレのときも足を動かすということをテーマにおいてやってきて、先乗り自主トレも支障なく動けました」

新井「それだったら良いよね。一番、走ることが大事。でも逆に気をつけた方が良いよ。動き過ぎるから。まだ寒いし、よっしゃ動くじゃんって思ったら知らない間にオーバーペースになってケガをすることもある。それが怖いよね」

-新井さんは解説者としてデビューした。

菊池涼「そういう仕事に就くんだろうと思っていたけど、改めてスーツを着て横にいると気持ち悪いですよね(笑顔)」

新井「(笑顔)キクは違和感がめっちゃあるって言ったよね。僕も来る前はスーツでキャンプに行ってみんなと顔を合わせたら変わった感覚になると思っていたけど、思いの外変わらなかった」

菊池涼「こうやって会える機会はたくさんあるので、困ればすぐに連絡します。中から見る目と外からの目は違うと思う。最初に、外から見てどうですか?って聞きましたけど、これが一番大事だと思う。これから結構聞くと思います」

新井「キクにああしろ、こうしろというのは全くない。今まで通りやってくれたら何も言うことはないよ。ただ求められる役割はグラウンド外のところでも増える。聞きたいことがあるなら遠慮なく言ってきてほしい。聞かれたことに対しては、何でも言葉を返したい。準備したいと思いますね」

(※引用元 デイリースポーツ

関連記事

黒田氏が表現、新井という男「プライドを捨てるプライドがすごさだ」

黒田氏が表現、新井という男「プライドを捨てるプライドがすごさだ」

質問すれば必ず2、3秒の静寂が生まれる。その空間はいつも、新井選手と僕の真剣勝負だ。たまらなく好きな時間でもあった。プレースタイル同様、取材にも常に全力の人。発言の影響力を理解した上で、一貫してファン …

不調のカープにこれから起きること、「戦犯」探しで負のスパイラル…

不調のカープにこれから起きること、「戦犯」探しで負のスパイラル…

広島の「迷走」が止まらない。広島は2019年4月14日、横浜スタジアムでDeNAと対戦し、2-4で敗れた。2回に主砲・鈴木誠也外野手(24)の6号ソロで先制するも、6回までDeNA先発・井納翔一投手( …

ジョンソンの悲劇「バラバラに壊れた沢村賞トロフィー」、その後の話

ジョンソンの悲劇「バラバラに壊れた沢村賞トロフィー」、その後の話

広島のクリス・ジョンソンは、昨年の33歳の誕生祝いにこれまでの人生のなかで最高のプレゼントを手にした。 ジョンソンの誕生日は10月14日で、そのときはまだクライマックスシリーズが行なわれている最中だっ …