カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

東出コーチ、1年目の衝撃!バットがラケットに見えた前田智徳の打撃

2019年2月12日

東出コーチ、1年目の衝撃!バットがラケットに見えた前田智徳の打撃

【平成キャンプ回想録(11)広島ドラ1東出輝裕】

沖縄、日南、大野で球団初の1・2軍混成キャンプを張った。僕らルーキーは1軍本隊とは別メニューながら沖縄スタート。ただ、黒田(博樹)さんの投球を打撃練習で打った程度の記憶しかない。

その分、日南移動後のそれは鮮明だ。

日南組を率いていたヘッドコーチの大下(剛史)さんに初対面。「おう、おまえが東出か。グラブを見せてみぃ」と言われ、いきなり「ちゃんと磨かんか!」と一喝された。沖縄にはないピリッとした空気感が日南にはあった。

前田(智徳)さんの打撃練習にも圧倒された。バットではなく、まるでラケット。軽く打っているのに、ライナーでスタンドに放り込んでいた。これは別の競技だと思った。いくら努力しても、あのレベルには達しない。

プロでは無理、やっていけないと思った。(広島打撃コーチ)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

オーラが復活!長野久義、第2のプロ野球人生に恩師2人が『太鼓判』

オーラが復活!長野久義、第2のプロ野球人生に恩師2人が『太鼓判』

日本ハム、ロッテの指名を拒否してまで入団した巨人で、首位打者、最多安打のタイトルを獲得し、ベストナイン、ゴールデングラブ賞でそれぞれ3度選出されるなど、生え抜きのスター選手として活躍した長野久義。だが …

長野が、低打率でも「チームを上向かせた原動力」と言える理由とは?

長野が、低打率でも「チームを上向かせた原動力」と言える理由とは?

開幕からここまで打率が.197、得点圏でも.000と、まだまだ昨年までの打棒が目覚めていない感のある広島・長野久義。最近では主に代打での出場が多くなってきているものの、開幕からここまでの戦いぶりの中で …

森下暢仁、奥川恭伸、佐々木朗希の気になる初勝利をシミュレーション

森下暢仁、奥川恭伸、佐々木朗希の気になる初勝利をシミュレーション

オープン戦も始まり、いよいよ開幕が近づいてきた。今年の注目のルーキー投手といえば、いの一番で指名された森下暢仁(広島)、奥川恭伸(ヤクルト)、佐々木朗希(ロッテ)の3人だろう。 彼らの現状から初勝利ま …