カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

東出コーチ、1年目の衝撃!バットがラケットに見えた前田智徳の打撃

2019年2月12日

東出コーチ、1年目の衝撃!バットがラケットに見えた前田智徳の打撃

【平成キャンプ回想録(11)広島ドラ1東出輝裕】

沖縄、日南、大野で球団初の1・2軍混成キャンプを張った。僕らルーキーは1軍本隊とは別メニューながら沖縄スタート。ただ、黒田(博樹)さんの投球を打撃練習で打った程度の記憶しかない。

その分、日南移動後のそれは鮮明だ。

日南組を率いていたヘッドコーチの大下(剛史)さんに初対面。「おう、おまえが東出か。グラブを見せてみぃ」と言われ、いきなり「ちゃんと磨かんか!」と一喝された。沖縄にはないピリッとした空気感が日南にはあった。

前田(智徳)さんの打撃練習にも圧倒された。バットではなく、まるでラケット。軽く打っているのに、ライナーでスタンドに放り込んでいた。これは別の競技だと思った。いくら努力しても、あのレベルには達しない。

プロでは無理、やっていけないと思った。(広島打撃コーチ)

(※引用元 スポニチアネックス

関連記事

学ぶ男・大瀬良大地、恩師が贈った言葉「木鶏」に込められた意味とは

学ぶ男・大瀬良大地、恩師が贈った言葉「木鶏」に込められた意味とは

横綱・双葉山の連勝が69で止まった。このとき、友人に「イマダモッケイ(木鶏)タリエズ」と電報を打ったのは有名な話である。 少しも動じない最強の闘鶏。転じて、強さを秘め、敵に対して全く動じないこと。これ …

イチローを語る15、西川龍馬(カープ)「究極はそこじゃないかと」

イチローを語る15、西川龍馬(カープ)「究極はそこじゃないかと」

グラブはイチローさんモデルでした マリナーズの一員として来日を果たしたイチロー。週刊ベースボール3月25日号では、『イチローを語る』という企画を組んだ。 今回からしばらく、その言葉を一人ずつ紹介してい …

赤ヘルを生み出し、カープを初優勝に導いた男の「凄まじい闘争心」!

赤ヘルを生み出し、カープを初優勝に導いた男の「凄まじい闘争心」!

ヘルメットが赤になったワケ 1975年、広島カープは球団創設26年目にして初優勝を果たした。今回は長年にわたって染みついた負け犬根性を一掃した指導者について書く。 その男、ジョー・ルーツはクリーブラン …