カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

堂林、ガツガツ『誠也』流!覚悟の10年目…年齢度外視で打撃教わる

2019年2月16日

堂林、ガツガツ『誠也』流!覚悟の10年目…年齢度外視で打撃教わる

「広島春季キャンプ」(15日、沖縄) – 生き抜くために、年齢など度外視だ。広島・堂林翔太内野手(27)が15日、後輩の鈴木誠也外野手(24)に打撃の教えを請うた。全体練習終了後の室内練習場で打撃のコツや力の入れどころなどの疑問点をぶつけ、今後も継続していく考えだ。

今キャンプでは三塁に再挑戦。沖縄2次キャンプは実戦漬けの予定で、なりふり構わずレベルアップを図っていく。堂林は真剣なまなざしで後輩の言葉に耳を傾けた。全体練習終了後にコーチの助言を鈴木に相談。

「現役の選手なので生きた教材。感じは良かった。誤差を少しずつ埋めていければ結果も出ると思う」とうなずいた。

なりふり構わず、手首の返し方や右腰の出し方など、疑問点をぶつけた。「すぐにできると思ってない」と言うが、「結果が出てくる可能性は広がる」と前だけを向く。今後も“鈴木流”を継続し、「誠也を引っ張ってでも見てもらう。自分が良くなるために何でもできればいいと思う」と意欲的に話した。

強い決意が背番号7を突き動かす。出場機会を求め、今キャンプでは三塁に再挑戦。久々のホットコーナーで汗と泥にまみれる日々だ。16日に紅白戦が実施されるなど、沖縄2次キャンプは実戦漬けの予定で、堂林は目をぎらつかせる。

「立場的にも結果を出さないといけないので、そこはガツガツいかないといけない。気温も暖かいのでしっかり振れると思う。練習量は落とさずやっていければと思います」

プロ10年目。今年こそ鯉党の期待に応える覚悟だ。闘争心を燃やして、定位置奪取を狙う。

(※引用元 デイリースポーツ

関連記事

佐々岡コーチ、初めて試合中のマウンドで助言「しっかり打ち取れ!」

佐々岡コーチ、初めて試合中のマウンドで助言「しっかり打ち取れ!」

「広島紅白戦、紅組4-1白組」(16日、コザしんきんスタジアム) 広島・佐々岡真司投手コーチが紅白戦で、1軍投手コーチ就任後初めて試合中のマウンドへ向かった。 白組の九里がマウンドに上がった四回。2死 …

『3番争い』スタート!坂倉も候補、東出コーチ「打つ雰囲気がある」

『3番争い』スタート!坂倉も候補、東出コーチ「打つ雰囲気がある」

大金をつかむのは誰だ――。沖縄で2次キャンプ中の広島は、23日の日本ハムとの練習試合(コザしんきん)から3番争いをスタートさせる。東出打撃コーチが22日、「明日から試す。緒方監督にも了解を得ている」と …

7人で争う外国人枠!同時に出場登録できるのは4人、有効活用がカギ

7人で争う外国人枠!同時に出場登録できるのは4人、有効活用がカギ

日刊スポーツはキャンプ期間中「カープ観測」と題し、広島のさまざまなデータを計測し、その強さを探っていきます。 カープの外国人枠争いが激しさを増してきた。 同時に出場選手登録できるのは4人までで、投手2 …