カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

7人で争う外国人枠!同時に出場登録できるのは4人、有効活用がカギ

2019年2月22日

7人で争う外国人枠!同時に出場登録できるのは4人、有効活用がカギ

日刊スポーツはキャンプ期間中「カープ観測」と題し、広島のさまざまなデータを計測し、その強さを探っていきます。

カープの外国人枠争いが激しさを増してきた。

同時に出場選手登録できるのは4人までで、投手2人+野手2人。または、どちらかが3人+もう一方が1人。これを7人で争っている。

野手はドミニカ共和国出身の2人。バティスタDH、メヒア一塁で、この日の阪神戦に同時出場した。メヒアは2安打して昨季ウエスタン4冠の力を見せつけ「1打席1打席ベストを尽くす」と鼻息も荒かった。

バティスタに関しては、ある球団のスコアラーが「うちなら4番」と話す。問題はチーム方針との兼ね合いのみ。ともに複数ポジションを練習して備えている。

投手はジョンソンが当確で、フランスアも確実視される。新外国人ローレンスは先発として評価が高く、2年目のヘルウェグは、昨年の日本シリーズ4試合登板の実績がある。

もう1人の新外国人レグナルトも調子を上げてきたとなると…。4人に絞るというより、7人をいかに有効活用するかがカギになりそうだ。

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

1軍レベルを痛感…坂倉、誠也から金言「モヤモヤが少し晴れる感じ」

1軍レベルを痛感…坂倉、誠也から金言「モヤモヤが少し晴れる感じ」

広島・坂倉将吾捕手が(19)が自分磨きに励んでいる。ウエスタン・リーグ2位の打率・298をマークし、1軍でもプロ初安打を放った順調な1年目。一方では心ひそかにジレンマも抱え、鈴木誠也外野手(23)から …

西川がCSへ向けて、ミニキャンプ!スタメン三塁で、安部の穴埋める

西川がCSへ向けて、ミニキャンプ!スタメン三塁で、安部の穴埋める

広島は4日、マツダスタジアムで全体練習を再開。18日から始まるCSファイナルSに向けて調整した。 安部が故障離脱し、CSでスタメン三塁の期待もかかる西川龍馬内野手(22)は、全体練習後の“ミニキャンプ …

堂林、バックスクリーンへ豪快2ラン!安部に代わり三塁で猛アピール

堂林、バックスクリーンへ豪快2ラン!安部に代わり三塁で猛アピール

プロ10年目を迎える27歳が練習試合で存在感 広島の堂林翔太内野手が18日、韓国・起亜タイガースとの練習試合でバックスクリーンへの豪快な2ランを放った。 広島は初回に鈴木の3ラン、坂倉のタイムリーで4 …