カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

7人で争う外国人枠!同時に出場登録できるのは4人、有効活用がカギ

2019年2月22日

7人で争う外国人枠!同時に出場登録できるのは4人、有効活用がカギ

日刊スポーツはキャンプ期間中「カープ観測」と題し、広島のさまざまなデータを計測し、その強さを探っていきます。

カープの外国人枠争いが激しさを増してきた。

同時に出場選手登録できるのは4人までで、投手2人+野手2人。または、どちらかが3人+もう一方が1人。これを7人で争っている。

野手はドミニカ共和国出身の2人。バティスタDH、メヒア一塁で、この日の阪神戦に同時出場した。メヒアは2安打して昨季ウエスタン4冠の力を見せつけ「1打席1打席ベストを尽くす」と鼻息も荒かった。

バティスタに関しては、ある球団のスコアラーが「うちなら4番」と話す。問題はチーム方針との兼ね合いのみ。ともに複数ポジションを練習して備えている。

投手はジョンソンが当確で、フランスアも確実視される。新外国人ローレンスは先発として評価が高く、2年目のヘルウェグは、昨年の日本シリーズ4試合登板の実績がある。

もう1人の新外国人レグナルトも調子を上げてきたとなると…。4人に絞るというより、7人をいかに有効活用するかがカギになりそうだ。

(※引用元 日刊スポーツ

関連記事

鈴木誠也「新打法1号」、開幕前哨戦で恐怖の3番打者を見せつけた!

鈴木誠也「新打法1号」、開幕前哨戦で恐怖の3番打者を見せつけた!

◇練習試合 広島―中日(2021年2月23日 沖縄・北谷) 広島・鈴木誠也外野手(26)は、初回2死無走者で先発・清水から右翼席への先制ソロを放った。中堅から右翼方向に吹く風にも乗って、今春の実戦での …

下水流がスイングスピード測定で最速!バレンティン級の155キロ…

下水流がスイングスピード測定で最速!バレンティン級の155キロ…

ネットに向かってティー打撃を行う選手の後ろに2日、小さな機器が設置された。SSK社の「マルチスピードテスター」で、スイングスピードなどを計測するもの。数値を参考にするため、試験的に取り入れられていると …

栗林が新フォーム披露、左足上げて球速も上げる「もっと打者と勝負」

栗林が新フォーム披露、左足上げて球速も上げる「もっと打者と勝負」

広島・栗林良吏投手(26)は9日、日南秋季キャンプ第1クール2日目に今秋初めてブルペン入りし、新フォームを披露した。左足を高く上げる形を試すなど直球のみ43球を投じた。直球の球威向上を目指して挑戦。抑 …