カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

筒香やダルの言葉で考える球数制限、高校野球は誰のためにあるのか?

2019年2月24日

筒香やダルの言葉で考える球数制限、高校野球は誰のためにあるのか?

高校野球は、誰のためにあるのか――

もしも、あなたがちょっとでも野球のことが好きで、何かの縁でこのコラムを読んだなら、一度でいいから真面目に考えて欲しい。

2月20日、日本高校野球連盟(高野連)は理事会を開き、昨年12月に新潟県の高野連が、今春の県大会で導入するとしていた「1試合100球」の球数制限について、同高野連に対して再考を求めることに決めた。

今回の「新潟」の英断に「全国」が待ったをかけた理由は、都道府県の大会が地区大会や全国大会の予選を兼ねており、それが全国共通の「高校野球特別規則」に基づいて行われているからだろう。

日本高野連の竹中雅彦事務局長は、理事会での決定をこう説明した。

「部員20人以下の加盟校が全体の4分の1を占める現状では、部員が少ないチームが不利になる。球数制限に踏み込むのは慎重であるべきだ。ただ、高校野球の発展には避けて通れない課題であり、新潟県高野連が一石を投じ、我々にエールを送っていただいたと考えている」

鈴木大地長官からは苦言

甲子園で勝てるような優秀なピッチャーを何人も作れるものではない、というのは百も承知だ。野球の試合は「勝つ」のが目標なので、いわゆる「勝利至上主義」も結構だ。だが今、何よりも問われているのは「高校球児=子どもたちの怪我防止」ではなかったのか。

高野連の方針を聞いたスポーツ庁の鈴木大地長官の言葉が、重い。

「高校生の怪我の防止に対して今後も検討していくということだと思うので、半歩か1歩、前進した気がする。高校生がひじや肩を故障して『もう投げられません』という状況を作らないように話し合いを続けてほしい」

「大きな一歩」と言わず、「半歩か1歩」。そこに鈴木長官の真意が見えるような気がする。だから当然、こういう「苦言」も加わる。

「新潟は独自の取り組みでいいのではないか。実際にやってみてデータを蓄積して結論を出すのもいいのではないか」

分かれ目は、高校野球が誰のためのものか

つまり、「案ずるより産むが易し」。出産する前は本人も周囲の人も何かと心配することが多いが、終わってみると案外たやすく済んでしまうものであるという諺だ。 出産に限らず、物事は事前にあれこれ思い悩むよりも、実際はそれほど難しくないことも多いので、取り越し苦労をするなという意味だ。

高校野球は「子どもたち」のために在るのか、それとも「大人たち」のために在るのか。それが分かれ目だと思う。

以前から「子どもたち」の側に立った発言をしてきたDeNAの筒香嘉智外野手は、1月に外国特派員協会での記者会見でこう言っている。

「高校野球は『教育の場』とよく言われていますが、子供たちが甲子園でやっているのは『部活動』です。昨年も球数問題が出ていましたが、子供たちのためになっているのかという疑問があります。(中略)大人の都合ではなくて子供たちの将来を考えることが一番大事だと思います」

ダルビッシュは球数制限のメリットを主張

シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手も、とてもリアルに「球数制限」について考えている1人だ。

「みんなのことを考えて、やって欲しいと思います」

キャンプの真っ最中、ダルビッシュはそう言った。取材したのは「新潟」の英断に「全国」が「待った」をかける前のことだ。彼が言う「みんな」とは子どもたちのことであり、大人たちのことではない。

「球数制限とか連投への制限とかがあったら、怪我を防ぎやすくなるし、もっと試合に出られる選手が増える。そういう風にしたら試合で輝ける選手も増える」

球数制限=「名門校しか勝てなくなる」というようなデメリットをよく聞く。だが、球数制限のメリットを口にする人は少ない。

「高校生って、頑張ってしまうんです」

彼がそんなことを口にするのは、実は今回が初めてではなかった。去年の夏、他の媒体のために「甲子園100回記念」企画のインタビューをした時、彼はもっと具体的にこう言っている。

「投手がもっと必要になるって言うのなら、ベンチ入りする選手の人数をメジャーリーグみたいに25人にしたっていいわけです。もっと多くの選手たちが試合に出られるチャンス、輝けるチャンスやタイミングをもっと増やしてあげたほうが、みんなのためにいい」

彼は言った。「高校生って、頑張ってしまうんです」と。

「誰もがプロ野球に行けるわけじゃないし、高校で野球は終わりって決めているような子は、ルールで歯止めをかけないと、肩が痛くても、肘が痛くても、とことん頑張ってしまうものですから」

ダルビッシュは「待った」を予見していた?

ダルビッシュや筒香の言葉を聞いていると、1つの決定的なことが明らかになる。

それは「球数と連投制限で生まれるメリットは子どもたちにあり、それで生じるデメリットは大人たちにある」という事実だ。

紙幅がないので割愛するが、アメリカの高校野球は基本的には近親者しか観戦しない実質「収益ゼロ」の「リーグ戦方式」だ。そこでは「子どもたち」のために1試合105球の球数制限や、1試合で75球以上投げたら4日間は登板禁止という連投制限も導入されて久しい。

対して日本の高校野球は、地方大会でもカードによっては1試合数万人の観客を動員する「収益あり」の「トーナメント方式」だ。各高校の監督やコーチが「一戦必勝」のために優秀な選手だけを起用し、ピッチャーを酷使するのも当然だろう。

そんな「大人たち」の都合が優先する現状を、根本的に変えるのは難しい。では、どうすればいいのか。ダルビッシュはまるで「全国」が「新潟」に「待った」をかけることを知っていたかのように、アリゾナの真っ青な空の下でこう提言した。

「すぐにできないなら、3年後とか、まだ高校に入学してない子たちのためにやるよ、ということでもいい。そうすれば子どもたちも最初からそういうつもりで(高校野球に)入っていける。今の2年生が3年生になったらやるよ、でもいい。今から1年後から始める、でもいいわけです」

連投の制限は球数とセット

球数制限だけではなく、連投制限もした方がいいと彼は言う。

「球数も連投も、両方一緒にやればいい。球数なら、例えば1年生は70球とか。80球でも良いけど、とりあえず決めて、2年生が90球、3年生になったら100球とか。それで、その球数までいったら、連投はできませんよ、というルールを一緒に作ったらいい」

高野連は4月から、専門家を交えた有識者会議で球数制限の導入について検討を進めていくというが、そうやってる間に、日本のどこかで子どもたちが肩肘の痛みに悲鳴を上げているかも知れない。

だから、我々=大人たちが、真面目に考えなければならない。

あなたが野球選手であろうが、メディアであろうが、ファンであろうが関係ない。理事会であろうが、有識者会議であろうが、会社の飲み会であろうが、SNSであろうが、関係ない。

もしも、あなたがちょっとでも野球のことが好きだと言うのなら、一緒に考えて欲しい。

高校野球は、「子どもたち」のためにあるのか。

高校野球は、「大人たち」のためにあるのか。

高校野球は、誰のためにあるのか。

その問いは今、我々、全員に向けられている――。(文:ナガオ勝司)

(※引用元 Number Web

関連記事

プロ野球中継サービスの事情/DAZNがカープとヤクルト喪失のワケ

プロ野球中継サービスの事情/DAZNがカープとヤクルト喪失のワケ

今シーズンのプロ野球、巨人戦になると東京ドームのフィールドシートにはDAZNのマークが入った黒いカバーが被せられる。バックスクリーンに映し出されるイニング表示の画像にも、スピードガン表示の横にもDAZ …

デラロサも活躍未知数、巨人『9助っ人に12億円』に他球団が溜息…

デラロサも活躍未知数、巨人『9助っ人に12億円』に他球団が溜息…

9人目の助っ人外国人がベールを脱いだ。 巨人のルビー・デラロサ(30=ダイヤモンドバックス傘下3Aリノ)が15日のヤクルト戦で一軍デビュー。先月27日に途中入団したばかりの右腕は七回からマウンドに上が …

つば九郎、大好きな「あらいちゃん」に感謝!/「ぼくのたからもの」

つば九郎、大好きな「あらいちゃん」に感謝!/「ぼくのたからもの」

ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」が16日に更新したブログで、今季限りで現役を引退した広島・新井貴浩内野手(41)への思いを切々とつづった。 「がむしゃらで、ぶきようなおとこ。」とのタイトルでブログ …