カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

連勝ならず…守備乱れ、緒方監督「攻撃のリズムを作れなかった」

2017年10月19日

連勝ならず…守備乱れ、緒方監督「攻撃のリズムを作れなかった」

CSファイナルS・第2戦(10月19日、カープ2-6DeNA、マツダスタジアム)

広島は先発野村が粘りきれず5回4失点、攻守ともに精彩を欠き敗れ、対戦成績は2勝1敗(1位のアドバンテージ含む)となった。

野村は三回1死から桑原の左翼への飛球を松山がグラブに当てながら捕球できず出塁を許すと、梶谷四球、ロペスにも右前打を許し満塁とした。筒香を空振りの三振に仕留めたが、宮崎に左前打を打たれ2点を先制された。

1点差とした直後の五回には2死満塁から代打乙坂に中前2点適時打を許し5回4失点で降板した。緒方監督は、野村について…

「あとのところかな。五回、あそこは(乙坂の)初球が逆球になった。本人も悔いが残るだろうし、ピンチをしのいでほしかった。代打策でこられて、その中でもきっちり投げきってほしかった」と五回の失点を悔やんだ。

2番手の九里は六回、2者連続三振を奪ったが、梶谷に四球を与え、ロペスに右前打を打たれた。この打球を右翼のバティスタがファンブル(失策)し、一塁走者の梶谷に生還を許した。

2安打を放ちながら失点に結びつく失策をしたバティスタは「試合の中でエラーはある。ただ、バウンドが合わなかった」と振り返った。

打線も走者を出しながら決定打が出ず四回に西川が放った左前適時打、六回に内野ゴロの間による2得点のみ。緒方監督は「きょうは守りから攻撃のリズムを作れなかった。あしたから切り替えていくだけです」と結んだ。

(※引用元 デイリースポーツ

関連記事

世代交代ホークス、円熟カープ/日本シリーズはベンチワークに注目!

世代交代ホークス、円熟カープ/日本シリーズはベンチワークに注目!

短期決戦はグラウンド上の勝負はもちろんだが、もう1つ、監督が主導権を握った戦いという見方ができる。 言葉を変えれば、どれだけ監督が勇気を振り絞って采配を振るえるか。その勇気が試される戦いだということだ …

菅野「最高の気分です」、CS史上初のノーノーでファーストS突破!

菅野「最高の気分です」、CS史上初のノーノーでファーストS突破!

CSファーストS・第2戦(10月14日、ヤクルト0-4巨人、神宮球場) 巨人・菅野智之投手がプロ野球史上初となるCSでのノーヒットノーランを達成。エースの快挙で、2連勝でCSファーストSを突破した。 …

第3戦から4連敗で34年ぶり日本一ならず、新井引退…最後は遊ゴロ

第3戦から4連敗で34年ぶり日本一ならず、新井引退…最後は遊ゴロ

日本シリーズ・第6戦(11月3日、カープ0-2ソフトバンク、マツダスタジアム) 「SMBC日本シリーズ2018」第6戦は、ソフトバンクが勝利して第3戦から4連勝で対戦成績を4勝1敗1分けとし、2年連続 …