カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

教え守ってくれた薮田、初球4隅狙わず/黒田氏CS特別観戦記

2017年10月20日

教え守ってくれた薮田、初球4隅狙わず/黒田氏CS特別観戦記

<黒田博樹氏CS特別観戦記>

日刊スポーツでは、日米通算203勝を挙げ、昨季限りで現役を引退した広島OB黒田博樹氏(42)のCSファイナルステージ「観戦記」を掲載します。第1戦では、CSまで公式戦の登板間隔が空く先発投手の心境や、今季ブレークした広島薮田に送った現役時代のアドバイスをつづります。

先発薮田がシーズン同様の投球をできたことが広島の先勝につながった。メジャーと違って日本は優勝したチームが2週間ぐらい戦う相手を待っていなければならない。選手はみんなそうだろうが特に先発投手にとって間隔が空くのはイヤなものだ。

ボクも例えば昨季、登録抹消されて10日間空いて初めてマウンドに立つときはこわかった。社会人チームとの練習試合で投げたといっても、プロ相手とはやはり打者の反応が違う。

だから薮田の立ち上がり、どういう投球をするか見ていたが落ち着いていた。昨季、ボクが彼によく言ったのは初球から四隅を狙うなよ、ということだった。薮田のように球威、キレがあって、球種も豊富で、しかも小さなテークバックで打者がタイミングを取りにくい投手は、初球から制球を気にしすぎる必要はないと思っている。

初球は上下でも左右でもいいからストライクゾーンを2分割する感じで投げる。それで1球目にストライクが取れたら、次は4分割して、そのどこかに投げる。さらにうまく追い込めたら、そこで初めてよく見る9分割にして、投げればいいということだった。

今季はそれを意識して投げているな、と思っていたが、この日もその感覚で投げることができたのではないか。3回1死一、二塁で打者桑原の場面。最初の打席で右飛だった桑原は右方向を意識しているかもしれないなと思って見ていた。

そこへ真ん中のやや内角寄りに飛び込んでいくストレートを投げた。それを打って併殺になったのだが、あの1球で薮田はそんなにコースを意識しなくても思い切って投げ込めば打ち取れるということを再認識できたのでは、と思う。

1回に四球で出た梶谷を筒香の場面で刺せたのも大きかった。会沢の送球はワンバウンドになったが田中がよくおさえた。成功していれば二塁に走者を置いて筒香。それがあっという間にチェンジになった。

これは天と地ほど違う。前日、甲子園で1回に能見を攻め、イケイケのムードで阪神を倒して広島にやってきたDeNAの勢いをそぐことができた気がする。

雨の影響で5回で終わったとはいえ、薮田1人で投げ切ったことはチームにとって大きい。2戦目にリリーフ投手をつぎ込める。先発投手だけで終わったのはDeNAも同様だが勝てば王手の広島が有利だ。

(※引用元 日刊スポーツ

LINEスタンプ、プカチン(カープ女子)

関連記事

先発完投型を増やせ!カープ独走、セ・リーグ5球団にカツ!/江本氏

先発完投型を増やせ!カープ独走、セ・リーグ5球団にカツ!/江本氏

サンケイスポーツ専属評論家の江本孟紀氏(71)が、広島の独走を許すセの5球団にカツ。「邪道のピッチャーづくりの弊害が出た」と厳しく分析するとともに、「このままなら、分かっているだろうな」と改めてクギを …

丸・誠也「コンビでOPS1.1超え」、ONでも達成していない偉業

丸・誠也「コンビでOPS1.1超え」、ONでも達成していない偉業

丸・鈴木がともに「OPS1超え」 猛打で他球団を圧倒し、3連覇へ突き進む広島。打線の中心は、まぎれもなく丸佳浩と鈴木誠也の3番4番コンビだ。 3番丸はリーグトップの35本塁打、4番鈴木も28本塁打。と …

菊池が来季へマイペース調整、WBCで「シーズンがもう一つあった」

菊池が来季へマイペース調整、WBCで「シーズンがもう一つあった」

ハワイ優勝旅行に参加中の広島・菊池が、来季へ向けて「マイペース調整」を掲げた。「今年はシーズンがもう一つあったという感じだった。来年は(練習を)ゆっくり自分のペースでやりたい。(2月まで)しっかり体を …