カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

巨人・丸、カープ大ブーイング覚悟「プロである以上割り切ってやる」

2019年3月4日

巨人・丸、カープ大ブーイング覚悟「プロである以上割り切ってやる」

巨人は4日、広島とのオープン戦2連戦(5、6日=マツダ)に備え、広島入りした。このオフにフリーエージェント(FA)権を行使し、5年総額25億5000万円の大型契約で巨人入りした丸佳浩外野手(29)は、11年間在籍した古巣の本拠地に初めて舞い戻る。新たなユニホームを着て、敵として戦う覚悟を示した。

こみ上げてくる思いは胸に閉じ込める。丸が巨人のユニホームを着て、かつての“庭”に帰る。

「今までは一塁ベンチで試合をやってきた。今回は三塁側になるし、景色、雰囲気も違うと思う。開幕はマツダで試合なので、雰囲気とかを知るためにも大事な2試合になる」

2013年から広島の主力だった丸はリーグ3連覇した昨季終了後、宣言残留も認める構えだった古巣を出て、「環境を変えて一から勝負したい」と巨人入り。2年連続セ・リーグMVPの金看板を引っさげ、リーグ優勝から遠ざかる名門の復活を託された。

巨人は最近2年の広島戦で14勝35敗1分け(昨季は7勝17敗1分け)と、大きく負け越している。古巣を倒さなくては“使命”は果たせないことは承知だ。

今季のキーマンとして高い注目を集める丸は、オープン戦では2番打者として起用されており、広島戦も出場する予定。「カープの投手陣とは今まで真剣勝負はなかなかなかった。持ち球の球種とかは分かるけど、真剣勝負の中での球の軌道とかは打席に立ってみないと分からない部分もある」と、古巣との対戦を見据えた。

2008年には広島からFAで阪神に移籍した新井貴浩が春に広島市民球場に戻ってきた試合で、レプリカユニホームがグラウンドに投げ捨てられ、ブーイングを受けた過去もある。熱狂的で知られる鯉党は巨人・丸をどう迎え入れるのかなど、注目の2試合となる。

「プロである以上、割り切ってやらなければいけない」と丸。広島を黄金期に導いた男が、“昨日の友”に立ち向かう。

(※引用元 サンケイスポーツ

関連記事

緒方監督の選手への平手打ち事件、野球人口が減るのもやむなしでは…

緒方監督の選手への平手打ち事件、野球人口が減るのもやむなしでは…

プロ野球・広島東洋カープは7月24日、同球団の緒方孝市監督が選手を複数回平手で叩いたことを発表した。事の経緯は、6月30日のDeNA戦で、野間峻祥選手が試合中に怠慢プレーをしたことに怒り、手を上げてし …

カープ移籍で、ゴールデングラブ賞獲得の名手となった『赤松真人』

カープへの移籍で、ゴールデングラブ賞獲得の名手となった『赤松真人』

大物選手がFA権を行使して移籍してくる代償として、その大物選手の旧所属球団が自分を指名する――。 それは、チームが28人のプロテクトリストから自分を外したから。しかし、それで出場機会が飛躍的に増えるケ …

ロッテ・鳥谷、遊撃への『熱き思い』とカープ・田中広輔との『絆』

ロッテ・鳥谷、遊撃への『熱き思い』とカープ・田中広輔との『絆』

<とっておきメモ> あれは確か昨年7月上旬の甲子園だった。練習を止めた阪神鳥谷(現ロッテ)の元へ、広島田中広輔が駆け寄る。 「おいっ、抜けよ~」 「すみません、ダメでした…」 2人はともに苦笑い。何げ …