カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

佐々岡コーチの『スパルタ』に拍車!ただ、それを上回る『球団』も…

2019年3月25日

佐々岡コーチの『スパルタ』に拍車!ただ、それを上回る『球団』も…

プロ野球もシーズン開幕直前。チームの行く末を左右するのは選手だけではない。彼らを指導するコーチ陣の役割も重大だ。猛練習で知られる広島は、佐々岡真司・投手コーチ(51)が二軍から一軍に昇格したことで、スパルタぶりに拍車がかかっている。

キャンプでは、抑えの中崎翔太(26)とセットアッパーの一岡竜司(28)以外は「全員先発でいけるように準備しろ」とブチ上げた。

「先入観を排して適性を見極めたいという意味もあるが、要は“それぐらい球数を投げ込め”と投手陣にハッパをかけたわけです。現役時代の佐々岡コーチは200球の投げ込みは当たり前。それで先発からリリーフまでフル回転しましたからね。二軍コーチ時代から、その指導は“佐々岡塾”と呼ばれ怖れられていました。緒方孝市監督(50)は1歳年下ということもあり、内心思うところがあっても佐々岡コーチを立てているようです」(広島担当記者)

そんな広島を上回る練習量なのがヤクルト。就任2年目の宮本慎也・ヘッドコーチ(48)の意向という。

「宮本ヘッドになってから、ヤクルトの練習は12球団で最もハード。練習後は芝の上に選手たちを座らせて、30分以上の熱血ミーティングということもしばしば。石井琢朗・打撃コーチ(48)と宮本さんの2人の真剣さに、和気あいあいだったヤクルトのアットホームな雰囲気が一変した」(ヤクルト担当記者)

(※引用元 NEWSポストセブン

関連記事

理想捨て「左殺し」追及した元カープ・『河内』氏、心からの願い

理想捨て「左殺し」追及した元カープ・『河内』氏、心からの願い

広島のオスカル、飯田の両左腕が、サイドスローに転向。ワンポイントを目指している。 ふと気になり、広島最後の「左殺し」に話を聞いた。現在は広報の河内貴哉氏(35)だ。08年に左肩関節唇と腱板(けんばん) …

誠也、3連覇へ「来季は4番でフル出場」!ケガして気付いた大切なこと

誠也、3連覇へ「来季は4番でフル出場」!ケガして気付いた大切なこと

肩を借りてグラウンドに現れた。広島・鈴木だ。右くるぶし骨折、三角じん帯損傷のリハビリ中だが、ギプス固定した足で広島から来た。胴上げの輪に笑顔で加わり、ファンへのあいさつには野間らに支えられて向かった。 …

イチローにも通ずる鈴木誠也のすごみ、さらにレベルアップ/谷繁元信

イチローにも通ずる鈴木誠也のすごみ、さらにレベルアップ/谷繁元信

日刊スポーツ評論家の谷繁元信氏(48)が広島・日南キャンプを訪問。FAで抜けた丸佳浩外野手(29)の影響に絞って戦力をチェックした。丸の穴は埋まるのか。リーグ4連覇に挑む広島は、巨人にFA移籍した丸の …