カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

上本崇司、控え選手ながらチームの中心/わがチームのムードメーカー

2019年4月4日

上本崇司、控え選手ながらチームの中心/わがチームのムードメーカー

広島のムードメーカーといえば、上本崇司である。控え野手ながら、常にチームの中心にいる。そこにいるだけで、周囲を明るくする貴重なキャラクターだ。

上本といえば、巧みなものまねで知られる。他の選手の特徴を実によくとらえ、センス抜群のデフォルメを加える。昨季限りで現役引退した新井貴浩氏ネタが得意で、かつては試合が中止になった際に雨の中で披露し、ベンチや客席を大いに盛り上げた。

新井氏も大喜びだった。周りの期待を推し量り、かつそれに応える。サービス精神の塊のような男である。

宮崎・日南キャンプでは、演出家として大きな役割を担った。初日の円陣で、ドラフト1位ルーキー小園の自己紹介にダメ出し。「田中選手からショートのポジションを奪えるように頑張ります」と大声で勝手に言い直して爆笑を誘い、堅い雰囲気を一気に和ませた。小園が伸び伸びと練習できるきっかけをつくったファインプレーだった。

ただし、上本の本当の価値はプレーにおいて発揮される。本来は内野手だが17年オフから外野にも取り組み、誰が欠けても即座に代役を務められるようになった。代走のスペシャリストでもあり、どんな場面でも力を発揮できるよう準備を進める。「自分としてはしっかり準備しようとはしています。それが僕の仕事」と話す。

面白いことをやるだけでは周囲は納得しない。ほかの誰でもない、上本がムードーメーカーであるから、カープは乗っていける。(写真=BBM)

(※引用元 週刊ベースボール

関連記事

元カープ・木村昇吾が明かす、広島カープの『キャンプの凄さ』とは?

元カープ・木村昇吾が明かす、広島カープの『キャンプの凄さ』とは?

木村昇吾です。メルボルンを拠点に豪州でクリケットの武者修行に励む日々を送っていますが、この時期になると思い出すのが日本で現在行われているプロ野球のキャンプです。 僕自身は一軍で活躍したいという思いで練 …

リーグ2位で優勝争い繰り広げながらも…変革の中で漂う重苦しい空気

リーグ2位で優勝争い繰り広げながらも…変革の中で漂う重苦しい空気

トレードに2軍通告。広島緒方孝市監督(50)がチームの変革を推し進めている。試合前には下水流と楽天三好との交換トレードが発表され、巨人から移籍の長野は2軍合流となった。リーグ最下位のヤクルトとの接戦を …

北別府氏「火に油を注ぐような事に…」、丸FA宣言めぐる騒動を反省

北別府氏「火に油を注ぐような事に…」、丸FA宣言めぐる騒動を反省

プロ野球広島OBで野球評論家の北別府学氏(61)が、国内フリーエージェント(FA)権の行使を表明した広島丸佳浩外野手(29)に対して一部ファンから厳しい言葉が上がっていることについてコメントした。 F …