カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

東出コーチ、松山の初回併殺打に「結果次第で、こちらのワンサイド」

2019年4月8日

王者・広島が今季初の完封負けで2010年以来9年ぶりの開幕3カード連続負け越し。単独最下位に逆戻りし、緒方監督は今季初めて会見場に姿を現さなかった。勝負の分かれ目は初回、先制機の攻撃だった。先頭・田中広の死球、続く菊池涼の左前打などで1死一、三塁。ここで主砲・鈴木は勝負を避けられ、1死満塁のチャンスが到来した。

打席には松山竜平外野手(33)。しかし初球、やや低めのチェンジアップに手を出して、最悪の一ゴロ併殺打に終わった。試合後、報道陣の問いかけに無言を貫いた5番打者に代わり、東出輝裕打撃コーチ(38)は「初回の松山の打席次第で、こちらのワンサイドゲームになっていた」と振り返った。

つまり、立ち上がりが不安定だった阪神の先発・西を乗せる結果になったということだ。「打つ球は間違っていない。ただ、漠然と(打席に)入ってしまった。9回裏2死満塁の気持ちで入っていたのか。言いたくはないが、鈴木誠也みたいに毎打席『やるかやられるか』の気持ちで入っていたのか。誠也はシート打撃であろうと紅白戦であろうと『やるかやられるか』で入っている」。同コーチは若き主砲と比較する形で松山に苦言を呈した。

1打席目の球種、コースは、2打席目に右翼線二塁打を放った球とほぼ同一。それだけに、気持ちの準備が整っていなかった5番打者がもどかしかった。「棒だけ(バットが武器で、守備、走塁は苦手)で生きているんだから、それくらいの責任感を背負ってほしい。あいつにとってはいい薬になったはず」と次戦以降の巻き返しを促していた。

また、開幕から4試合に登板し、うち3試合で失点したドラフト2位右腕の島内颯太郎投手(22)と、3月31日の巨人戦で左翼手としてプロ初スタメン出場したものの、バットでアピールできなかった坂倉将吾捕手(20)が8日に1軍登録を抹消される。代わって、藤井皓哉投手(22)、磯村嘉孝捕手(26)が9日に昇格する見込み。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

中日・森監督、新井の引退に「あいつがいたから、広島はこうなった」

中日・森監督、新井の引退に「あいつがいたから、広島はこうなった」

広島・新井の引退発表に、中日関係者からも驚きとともに、その長年の活躍を評価する声が続々上がった。 駒大の先輩でもある森監督は「あいつがいたから、広島はこう(強く)なった」としみじみ。「優れているところ …

小園、3戦4失策「大観衆の中でプレーするのは」…敗戦後に守備練習

小園、3戦4失策「大観衆の中でプレーするのは」…敗戦後に守備練習

広島小園海斗内野手が2失策を記録した。3戦連続の「1番遊撃」でオリックス戦に先発。6回無死一塁で併殺コースのゴロをトンネルし、この回3失点のきっかけをつくった。これがこの日2つめで、3戦連続計4失策。 …

永川勝浩がマツダスタジアムで引退会見、捕手にも感謝「心強かった」

永川勝浩がマツダスタジアムで引退会見、捕手にも感謝「心強かった」

今季限りでの現役引退を表明している広島永川勝浩投手(38)が23日、マツダスタジアムで引退会見を行った。背番号20に身を包み会見場に姿を見せると「大学を卒業して野球をやって来ましたけど、今年で引退をし …