カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

東出コーチ、松山の初回併殺打に「結果次第で、こちらのワンサイド」

2019年4月8日

王者・広島が今季初の完封負けで2010年以来9年ぶりの開幕3カード連続負け越し。単独最下位に逆戻りし、緒方監督は今季初めて会見場に姿を現さなかった。勝負の分かれ目は初回、先制機の攻撃だった。先頭・田中広の死球、続く菊池涼の左前打などで1死一、三塁。ここで主砲・鈴木は勝負を避けられ、1死満塁のチャンスが到来した。

打席には松山竜平外野手(33)。しかし初球、やや低めのチェンジアップに手を出して、最悪の一ゴロ併殺打に終わった。試合後、報道陣の問いかけに無言を貫いた5番打者に代わり、東出輝裕打撃コーチ(38)は「初回の松山の打席次第で、こちらのワンサイドゲームになっていた」と振り返った。

つまり、立ち上がりが不安定だった阪神の先発・西を乗せる結果になったということだ。「打つ球は間違っていない。ただ、漠然と(打席に)入ってしまった。9回裏2死満塁の気持ちで入っていたのか。言いたくはないが、鈴木誠也みたいに毎打席『やるかやられるか』の気持ちで入っていたのか。誠也はシート打撃であろうと紅白戦であろうと『やるかやられるか』で入っている」。同コーチは若き主砲と比較する形で松山に苦言を呈した。

1打席目の球種、コースは、2打席目に右翼線二塁打を放った球とほぼ同一。それだけに、気持ちの準備が整っていなかった5番打者がもどかしかった。「棒だけ(バットが武器で、守備、走塁は苦手)で生きているんだから、それくらいの責任感を背負ってほしい。あいつにとってはいい薬になったはず」と次戦以降の巻き返しを促していた。

また、開幕から4試合に登板し、うち3試合で失点したドラフト2位右腕の島内颯太郎投手(22)と、3月31日の巨人戦で左翼手としてプロ初スタメン出場したものの、バットでアピールできなかった坂倉将吾捕手(20)が8日に1軍登録を抹消される。代わって、藤井皓哉投手(22)、磯村嘉孝捕手(26)が9日に昇格する見込み。

(※引用元 スポーツ報知

関連記事

赤松、菊池と3年ぶりノック共演に感慨&ドラ7羽月に『爆笑』の愛称

赤松、菊池と3年ぶりノック共演に感慨&ドラ7羽月に『爆笑』の愛称

広島の赤松真人外野手(36)が21日、広島・廿日市市の大野練習場で自主トレを行い、菊池涼介内野手(28)との“再会”に感慨深い表情を浮かべた。 2016年12月に胃がんを公表して以来、一緒に練習するの …

栗林、セ・パ単独トップの3セーブ「緊張感とかはだいぶ慣れてきた」

栗林、セ・パ単独トップの3セーブ「緊張感とかはだいぶ慣れてきた」

広島守護神のドラフト1位栗林良吏投手が、両リーグ単独トップの3セーブ目を手にした。 2点リードの最終回に登板。テンポよく2死を奪い、最後は梅野を空振り三振。右腕は「緊張感とかはだいぶ慣れてきたので、こ …

愛が止まらない…みんな大好き「タカシ」のほっこりショット大放出!

愛が止まらない…みんな大好き「タカシ」のほっこりショット大放出!

怒涛の5月攻勢で首位に立ったカープ。本来の得点力も取り戻してナインが盛り上がる場面も増えてきました。その中で最も目立つ男と言えば元気印・上本崇司。 紙面に掲載しきれないほっこりショットが多数ありますの …