カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

借金4で最下位…、広島カープに早くも囁かれる『ポスト緒方』の名前

2019年4月10日

借金4で最下位…、広島カープに早くも囁かれる『ポスト緒方』の名前

スタンドのあちこちから厳しいヤジが飛ぶ

昨季まで圧倒的な勝率を誇った本拠地のマツダスタジアムで2試合連続となる惨敗。

ヤクルト打線の餌食にあった先発のジョンソンが3回6失点でKOされると、試合は一方的になった。0―9の完封負けを喫した7日の阪神戦で試合後の会見を拒否した緒方監督は、「こういう内容だと後につながらない。どんな展開になっても集中してやる。そういうことはしっかりやらないと」とこの日は口を開いたものの、表情は冴えなかった。

「開幕から3カード連続負け越しは、就任5年目を迎えた緒方政権では初のこと。丸の抜けた穴はやはり大きく、開幕9試合で8通りの打順を組むなど苦労している状態です。コーチ陣からは、選手の個人名を挙げて敗因を振り返るコメントが目立つなど、チームの雰囲気が良くないのは確か」(地元放送局関係者)

いくらなんでも早過ぎる

10試合を終えて、チーム防御率4.19、チーム打率.227はともにリーグ5位。借金4を抱えて、まさかの最下位にしばらく腰を落ち着けそうな気配だというのだ。

「まだ始まったばかりとはいえ、チーム関係者らが気を揉むのは、緒方監督がもともと短気で頑固な性格だからです。V3の前まではそれで当時のコーチ陣とギクシャクしたこともあった。勝っていれば余裕があっても、負けが込むと本来の性格が顔を出すこともありますから。

球団初のV3監督とはいえ、1989年に就任した山本浩二監督以降、三村政権も第2次山本政権も野村政権も最長5年で後任にバトンを渡している。

そういう意味では緒方監督も単年契約の今年が勝負の年。野村前監督や佐々岡投手コーチなど、次の監督候補がチーム内外に控えているだけに、なにがなんでも4連覇だと緒方監督の気持ちが空回りしなければいいんですが……」(マスコミ関係者)

開幕ダッシュに失敗したくらいで後任候補の名前が囁かれるのだから、緒方監督は「広島が常勝球団になった証拠」と誇るくらいでいい。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

4カード連続の負け越し…カープ、ボロボロの裏に深刻な『新井ロス』

4カード連続の負け越し…カープ、ボロボロの裏に深刻な『新井ロス』

「昨年までとは違い、ベンチに覇気がない」 ライバル球団のあるコーチが、広島についてこう指摘した。 10日のヤクルト戦は3―15の大敗。これで4カード連続負け越しとなり、開幕11試合で3勝8敗と苦しんで …

西川、大阪の地震に…両親や兄弟は無事「日常が来る事を願うばかり」

西川、大阪の地震に…両親や兄弟は無事「日常が来る事を願うばかり」

大阪育ちの広島・西川龍馬内野手が19日、公式ブログを更新し、大阪で18日早朝に発生した大地震への思いをつづった。 「皆様」と題したブログで「昨日の朝、自分の育った大阪を中心に大地震に見舞われたとの報道 …

緒方監督の暴力発覚…去就次第では、カープ選手にとってプラスに?

緒方監督の暴力発覚…去就次第では、カープ選手にとってプラスに?

連敗の陰で鉄拳が飛んでいた。24日、広島は15日付で緒方孝市監督(50)を厳重注意処分としていたことを発表した。 事の発端は6月30日のDeNA戦。延長十一回、1死走者なしの場面で打席に立った野間峻祥 …