カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

4カード連続の負け越し…カープ、ボロボロの裏に深刻な『新井ロス』

2019年4月11日

4カード連続の負け越し…カープ、ボロボロの裏に深刻な『新井ロス』

「昨年までとは違い、ベンチに覇気がない」

ライバル球団のあるコーチが、広島についてこう指摘した。

10日のヤクルト戦は3―15の大敗。これで4カード連続負け越しとなり、開幕11試合で3勝8敗と苦しんでいる。チーム総得点はリーグワーストの35。自慢の打線が低調である上に、菊池涼、田中の二遊間コンビを中心とした鉄壁の守備にもほころびが見え、この日だけで4失策。今季17失策はリーグ最多だ。貧打とザル守備が、ただでさえ脆弱な投手陣の足を思い切り引っ張っている。

冒頭のコーチは、「中軸の丸が抜けた穴は確かに大きいと思う。3番に野間を入れたことで下位打線が弱くなり、1番田中、5番松山の不振も重なって、得点力不足は顕著に。守備も乱れ、広島が得意としていたミスに付け込む野球を逆にやられている。何よりここまでもたついているのは、新井(貴浩)がいなくなったことが影響しているのではないか」。

広島は、チームの精神的支柱だった新井貴浩が昨季限りで現役を引退した。この“新井ロス”の影響について、さる広島OBは、「確かにある」と、こう続けるのだ。

「新井さんは(鈴木)誠也、菊池涼ら主力に限らず、さまざまな選手にことあるごとにアドバイスを送り、食事にも連れていった。現役選手ならではの説得力があったし、人間性も慕われていた。昨年9月のDeNA戦、誠也が3三振していた試合でリリーフの三上を迎えると、新井さんはベンチで誠也を呼び、三上の得意球であるスライダー対策を伝えた。すると誠也は三塁打を打った。こういった類いの話は山ほどある。人一倍、声を出してムードを盛り上げてもいた。諦めない野球が徹底され、終盤に強い『逆転のカープ』がつくられた。新井不在を選手一人一人が埋めていくしかないが、選手たちも存在の大きさを身に染みて感じているそうです」

新井氏が引退を決意した際、球団は再三にわたって慰留していた。「新井ロス」の代償はあまりにも大きい。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

カープ、交流戦(18試合制)での『104失点』は、ワーストタイ…

カープ、交流戦(18試合制)での『104失点』は、ワーストタイ…

交流戦が18試合制となった15年以降のチーム100失点以上は3度目で、104失点は16年のヤクルトに並ぶワースト。 過去2度の100失点以上は、16年ヤクルトが最下位、17年ヤクルトが5位でシーズンを …

ジョンソン、中4日特攻でG倒&ベイ倒へ…大瀬良「全然あり得る」

ジョンソン、中4日特攻でG倒&ベイ倒へ…大瀬良「全然あり得る」

首位・巨人と6.5ゲーム差の3位・広島が“特攻ローテ”でV戦線に食らいつく。26日は敵地のジャイアンツ球場(川崎市)で一部投手が調整。27日から巨人3連戦(東京D)と2位・DeNAとの3連戦(マツダ) …

平成戦い抜いたからこそ…緒方監督、3連敗で単独5位後退も前を向く

平成戦い抜いたからこそ…緒方監督、3連敗で単独5位後退も前を向く

広島が3連敗で平成を締めくくった。先発アドゥワ誠投手(20)が6四球で自滅し、5回3失点。救援陣も踏ん張れず、8回にサビエル・バティスタ外野手(27)が「平成ラスト弾」となる4号3ランを放ったが及ばな …