カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

泥沼5連敗…カープ・鈴木誠也に聞いたチームの『現状』と4番の自覚

2019年4月13日

泥沼5連敗…カープ・鈴木誠也に聞いたチームの『現状』と4番の自覚

塁に出たのはわずか2人だった。

12日、広島がDeNAに1安打完封負け。連敗は5に膨らみ、両リーグ10敗一番乗りとなった。3連覇を果たした昨季までの強さが嘘のように自慢の打線は沈黙し、かねて課題だった投手陣は崩壊に拍車がかかっている。

緒方監督は「バッター全員が振れていないわけじゃない。切り替えてまた明日やるだけ」と話したが、このまま負の連鎖は続くのか。

試合前に4番に座る鈴木誠也(24)を直撃すると、「寒いからじゃないですか。まだ始まったばかりですよ」と前向きだった。

主軸の丸が巨人へFA移籍し、精神的支柱だった新井が現役引退。ベンチのメンバーは様変わりした。それが今季の停滞の一因として挙げられることが多いが、鈴木は冷静だ。

「確かに新井さんが声を出してベンチを盛り上げてくれた部分は大きかった。(3連覇して)今まで勝っていたからこそ、負けが続くといろいろ言われるのは想像していたし、自分を筆頭に打てないから騒がれる(自己ワーストの20打席無安打)。これで勝ち始めたら、みんな手のひら返して反対のことを言い出すんじゃないですか(笑い)」

リーダー不在で4番への重圧が大きく

主力2人が抜けたことで、24歳の4番は自覚が増したようだ。

「(曽根など)若い子が(一軍へ)入ってきて、はたから見て嫌だなと思うような行動はとりたくないと思うようになりました。前は結果が出なくてイライラすると(マツダスタジアムのベンチ裏にある)サンドバッグを殴ったり、自分の太ももを(拳で)叩いたりしていました。そのときはアドレナリンが出ていて気付かないんだけど、後で『アザになっているな』と思ったら自分が殴ったところだったりして(笑い)。僕の場合、打てなかった悔しさやイライラを力にするタイプだけど、それを出しすぎるのも良くない。(若い選手が)見て真似してほしくないので。かといって“まあいっか”と簡単に諦めていると思われるのも良くないので、そこのバランスが難しいですね。だから最近は(イライラしたら)ベンチ裏をウロウロと延々歩いて気を紛らわしたり、大声で応援して発散したりしています」

この日は打撃不振の田中を8番に下げ、野間を1番に据えるなど、打線をテコ入れ。それでも効果はなく、高ヘッドコーチは「菊池以外はみんな本来の打撃になっていなかった。打つ手を考えていかないと」と絞り出した。リーダー不在の広島で、4番の背中にかかる重圧はますます大きくなりそうだ。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

「やばいっす!」連発…『生・誠也』を見た広島カープのルーキーたち

「やばいっす!」連発…『生・誠也』を見た広島カープのルーキーたち

広島の主砲鈴木誠也外野手(25)が21日、後輩たちの視線をくぎづけにした。 初合流の大野練習場での合同自主トレで打撃ケージに入ると、チームメートは練習の手を止めた。力強いスイングにつぶされたような白球 …

中村奨成、気合いの丸刈りで自主トレ合流!「打てる捕手」で巻き返す

中村奨成、気合いの丸刈りで自主トレ合流!「打てる捕手」で巻き返す

広島の中村奨成捕手(19)が24日、広島・廿日市市の大野練習場で合同自主トレに合流。原点回帰の丸刈り姿を披露した。 8日から前日までチームメートの安部友裕内野手(29)らと沖縄で自主トレ。「振ることを …

今季ダメなら、引退…胃がん摘出手術をした赤松、自ら語った『覚悟』

今季ダメなら、引退…胃がん摘出手術をした赤松、自ら語った『覚悟』

広島赤松真人外野手(36)が13日、今季ダメなら引退の覚悟を示した。広島・廿日市市の大野練習場で自主トレを実施。引き際について「戦力になれないのであれば、コンディションがよくても覚悟はある」と踏み込ん …