カープに鯉

広島カープへの想いを届ける記事を掲載♪「カープ関連」のLINEスタンプも紹介してますヾ(*≧∀≦)ノ゙

泥沼5連敗…カープ・鈴木誠也に聞いたチームの『現状』と4番の自覚

2019年4月13日

泥沼5連敗…カープ・鈴木誠也に聞いたチームの『現状』と4番の自覚

塁に出たのはわずか2人だった。

12日、広島がDeNAに1安打完封負け。連敗は5に膨らみ、両リーグ10敗一番乗りとなった。3連覇を果たした昨季までの強さが嘘のように自慢の打線は沈黙し、かねて課題だった投手陣は崩壊に拍車がかかっている。

緒方監督は「バッター全員が振れていないわけじゃない。切り替えてまた明日やるだけ」と話したが、このまま負の連鎖は続くのか。

試合前に4番に座る鈴木誠也(24)を直撃すると、「寒いからじゃないですか。まだ始まったばかりですよ」と前向きだった。

主軸の丸が巨人へFA移籍し、精神的支柱だった新井が現役引退。ベンチのメンバーは様変わりした。それが今季の停滞の一因として挙げられることが多いが、鈴木は冷静だ。

「確かに新井さんが声を出してベンチを盛り上げてくれた部分は大きかった。(3連覇して)今まで勝っていたからこそ、負けが続くといろいろ言われるのは想像していたし、自分を筆頭に打てないから騒がれる(自己ワーストの20打席無安打)。これで勝ち始めたら、みんな手のひら返して反対のことを言い出すんじゃないですか(笑い)」

リーダー不在で4番への重圧が大きく

主力2人が抜けたことで、24歳の4番は自覚が増したようだ。

「(曽根など)若い子が(一軍へ)入ってきて、はたから見て嫌だなと思うような行動はとりたくないと思うようになりました。前は結果が出なくてイライラすると(マツダスタジアムのベンチ裏にある)サンドバッグを殴ったり、自分の太ももを(拳で)叩いたりしていました。そのときはアドレナリンが出ていて気付かないんだけど、後で『アザになっているな』と思ったら自分が殴ったところだったりして(笑い)。僕の場合、打てなかった悔しさやイライラを力にするタイプだけど、それを出しすぎるのも良くない。(若い選手が)見て真似してほしくないので。かといって“まあいっか”と簡単に諦めていると思われるのも良くないので、そこのバランスが難しいですね。だから最近は(イライラしたら)ベンチ裏をウロウロと延々歩いて気を紛らわしたり、大声で応援して発散したりしています」

この日は打撃不振の田中を8番に下げ、野間を1番に据えるなど、打線をテコ入れ。それでも効果はなく、高ヘッドコーチは「菊池以外はみんな本来の打撃になっていなかった。打つ手を考えていかないと」と絞り出した。リーダー不在の広島で、4番の背中にかかる重圧はますます大きくなりそうだ。

(※引用元 日刊ゲンダイ

関連記事

岡田、4カ月ぶり登板も乱調…『2軍』に逆戻り「結果が全てなので」

岡田、4カ月ぶり登板も乱調…『2軍』に逆戻り「結果が全てなので」

広島・岡田明丈投手が4月11日・ヤクルト戦以来約4カ月ぶりに登板し、1/3回を1安打2四球3失点。試合後に2軍降格が決まった。 1-4の九回に4番手として登板。先頭の坂本勇に四球を与え、続く丸は空振り …

ジョンソン、開幕ローテ間に合った!佐々岡コーチ「大丈夫でしょう」

ジョンソン、開幕ローテ間に合った!佐々岡コーチ「大丈夫でしょう」

広島のクリス・ジョンソン投手(34)が26日、マツダスタジアムでのナイター練習に参加し、キャッチボールなどで調整した。23日のソフトバンクとのオープン戦(ヤフオクD)先発をコンディション不良のため回避 …

永川勝浩がマツダスタジアムで引退会見、捕手にも感謝「心強かった」

永川勝浩がマツダスタジアムで引退会見、捕手にも感謝「心強かった」

今季限りでの現役引退を表明している広島永川勝浩投手(38)が23日、マツダスタジアムで引退会見を行った。背番号20に身を包み会見場に姿を見せると「大学を卒業して野球をやって来ましたけど、今年で引退をし …